私が「パーソナルトレーニング」にこだわる理由①

BBBを立ち上げるまで

わたくし現在、こうして個人でパーソナルトレーナーとしてBBBを立ち上げるまでに2つの場所で大勢の練習生を同時に見るボクシングトレーナーとして指導しておりました。

まず最初に所属していたのは、渋谷の今岡ボクシングジム
練習生が非常に多く、ご存知の方も多いと思います。

そして、続いて所属したのがオハラブロスジムのボクシングコース。
現在もパーソナルトレーニングの会場としてお借りしております。
そんなオハラブロスジムでトレーナーを始めたきっかけがなかなか物珍しいのでこちらに書かせていただきます。

私が映画「あゝ荒野」にボクシングトレーナーとして出させていただいた際に、現場で菅田将暉さんやW主演のヤン・イクチュンさんにボクシングの立ち回りを教えている方がいました。

その方は、ボクシングもできる。演技もできる。観せる用のボクシングもできる。さらにその指導もできる。
要はアクション俳優兼アクション監督と言った感じの方でした。

私は現場でその方の裏方ながらも、確実に現場を仕切っている姿。
さらにご本人も出演してるたくましい姿を見て、感動し空き時間にスタスタと近づき話しかけました。

「私もこういった仕事に大変興味を持ちました!」

するとその方は優しく微笑みこう答えてくださりました。

「小原さんのところへ行けばいいですよ!」

私はそのあと、少し詳しく聞き3日間の撮影終わりでそのままネットで探して出てきた「小原」会長がいらっしゃるオハラブロスジムに直行しました。
調べていて知ったのがこの会長、映画のアクション監督をしながらジムを経営する超スゴイ人!!

そしてそんな会長が経営するジムは日によってキックボクシングや寝技、アクション演技指導、アクションエクササイズ、バク転指導等を行うバラエティに富んだもの。

私が訪れた日はキックボクシングが行われていました。
そしてラッキーなことに、キックボクシングコースを担当する若い男の先生の他に、明らかにスゴ腕だとわかるオーラを放つ方がいました。
もちろんその方が小原会長でした!!

正直、この日おこなう競技はなんでもよかったです。
私の目的は小原会長にハマり、アクション指導ができるまでにシゴいてもらうこと

そんなことを思いながらキックボクシングの練習に参加し、疲れて座っていると、さっきまでキックボクシングを教えていた先生が私の目の前に立ち一言
「山田さん、練習しててわかりましたけどボクシング経験者ですよね?スパーリングやりません?」

・・・え~!?
めんどくさい!!
おれは正直、練習とかどうでもいいねん!!ってかキックボクシングもあんまり興味ないねん!!

と思いながらも、自分より少し若い「先生」の頼みごとに断りきれす・・・

「足は使わない。パンチのみで、軽く打つなら」

と言うことを条件にスパーリング開始。

開始早々、軽くパンチをもらう私。
気を付けて動いていると再びおデコにもらう。

すぐに感じたのが
「ん?こいつ(←失礼)思いっきり打ってきてない?!」

でした。

わたしは一瞬だけ現役時代のスイッチが入り、「先生」のレバーに左アッパーを打ち込みました。

倒れこむ先生。

それを観ていた小原会長からその日のトレーニング終わりにこんな言葉をもらいました。

「すばらしいボクシング技術でした!良ければウチでボクシングコースを持ちませんか?」

・・・話がはやい!!(笑)

それが私と会長の出会いでした。

次回に続く・・・


●当時、ボクシングコース指導中の様子

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です