長距離ランナーは太りやすい?

わたしは大学1年のボクシング部時代に5日で9キロの減量をしたことがあります。

当時、空腹は根性でなんとか乗り越えたのですが、夜がとてつもなくつらかったんです・・・

とにかく寝れない



スポンサードリンク

そんな時にリラックスできる香りを探し勉強をしていたんです。

それがいまだに続いているんですが、せっかくなんでパーソナルトレーニングのプログラム内のストレッチ中に、お客様によりリラックスしてもらえたらいいなぁと思い、アロマを取り入れることにしました。

その日のお客様のお身体の状況、気分にあった香りを提案していきたいと思います。



スポンサードリンク

そこで・・・

お客様からしたら
「ただのアロマ好き」
に香りを提案されるより
「アロマ関係のプロフェッショナル」
から勧められた香りの方がうれしいかなぁと思い、資格取りました。

まったく勉強せずに合格できたので本当の専門家の方からすると鼻で笑うようなレベルなのかも知れませんが、
長年好きで関わってきた「香り」なのでやっぱり認定証はうれしいです。

ナチュラルビューティスタイリスト♪



スポンサードリンク

さて、今後使っていきたいなと思う香りはたくさんあります。

そもそもお客様が好きな香りであれば効能だったりは関係ないと思うんです。

本人が気分がいい=最も身体に良い

と思っています。

一概には言えないことですし、いくらでも例外はありますが大きい話をすると
「それが人生の醍醐味」
ですからね。

結局どの香りが好きか

ということを踏まえて、書かせていただきます。
(長いですよね?ここで読み終えていただいても結構です・・・)

私が今後、当パーソナルジムでコンスタントに提案していくであろう香りは(やはり)グレープフルーツです。

これは結構有名でベタですよね。
芳香浴(空間に広げて香りを楽しむ)だけでダイエット効果があると言われています。

要は

食欲を抑えてくれるんです。

最高ですよね!!

いい香りを楽しめる+痩せる

でもなぜグレープフルーツの香りを嗅ぐだけでそんなことが起こるの?

というところなのですが、グレープフルーツの香りには自律神経系の交感神経を活性化させる働きがあります。

交感神経って聞いたことありますよね?

簡単に言うと興奮状態ですね

交感神経活性化によりUCP(アンカップリングプロテイン)の分泌を促進させます。

    ※UCPとはミトコンドリア内膜のたんぱく質
    (ミトコンドリア=体内に60兆個あるエネルギーの製造元)

    このUCPが脂肪を燃焼させる働きを持っています。



    スポンサードリンク

    いきなりめちゃくちゃややこしいようなこと言って申し訳ありません。

    ただ、1行1行ゆっくり読んでいただければ全くたいしたことは言っておりません。
    香りへの愛情さえあればどんどん頭に入っていきます(笑)

    ちなみに体内のUCPを増やすには、瞬発系の運動が良いと言われています。

    筋肉の質で言うと、(以前にも記事にしましたが)速筋(白筋)を増やしていただきたいです。

    速筋にUCPが多い一方で、逆に遅筋(赤筋)はUCPを減らすと言われています。

    なので長時間の有酸素運動はその時期は痩せてもリバウンドしやすい身体になるということが言えますね。

    ふー・・・

    長々とすみませんでした。

    今日はこの辺にしておきます。

    今夜は疲れたのでスイートマジョラムの香りでリラックスして眠ろうと思います・・・

    なにかご質問やジムへのご興味ある方ご連絡ください
    問い合わせ

    ー山田BODYー

    ブログランキング参加中!

    応援ありがとうございます!
    ブログランキング・にほんブログ村へ

    にほんブログ村

    順番ダイエットブログ



    スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です