【極太足注意】スクワットはやらないでください

よく女性のお客様から
「お尻を引き締めたいのですが、スクワットってどういうフォームが正解なんですか?」とよく聞かれます?

ハッキリ言うと

「やらないでください」

です。

スクワットは鍛えたい筋肉により、フォーム(体重のかけ方)が微妙に変わるんですが

どうしてもお尻、ハムストリング(太もも後ろ)を鍛えようと思っても大腿四頭筋に負荷がかかってしまいます。

なぜ大腿四頭筋(前太もも)に筋肉をつけたくないか?

足が太くなる

からです。

「太もも周り」と一くくりにしますが、見た目への影響がまったく違います。

競輪選手みたいな足になりたくなければ、独自のスクワットはやめてプロの専門家が付いているところで毎回フォームチェックをおこないながら続けてください。
※わたしはそれでも、無理な姿勢は腰や膝にかかる負担が強いためあまりさせたくありませんが・・・

お尻引き締めには
ヒップアップトレーニングや(また載せます)
お尻歩きがおススメですよ。


【参考VTR】

とにかく、どんな筋トレ、エクササイズ、もろもろ共通して言えるのは

教えている先生の選択を間違えないでください。

極端な話、160センチ120キロのおデブトレーナーにダイエット語られても説得力ありませんよね?

「いやあんたがそれ言うな!」

と一瞬でも思ったら通うのはやめてください。

生徒さんには選ぶ権利があります。

トレーニングフォーム、ストレッチがよくわからないという方、体験30分3500円です。
体験してみる

私のYouTubeチャンネルに色々とストレッチを載せてありますのでもしご興味あればご覧になってみてください。

「山田BODY」で検索♪

ー山田BODY-

YouTube毎日更新中♪

お客様からの驚きの提案・・・


試合前の間違ったストレッチ

応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

順番ダイエットブログ



スポンサードリンク



知ってた?ウエイトトレーニングはもう古い!

ムキムキの人=姿勢が悪い

この結論に達してしまいました。

例えば、「マッチョ(スペース)画像」で検索してみてください。

一般の方はその画像を見て

「わ!ムキムキ!!」

と興奮するでしょう。

しかし、ストレッチトレーナー目線で見ると・・・

「いくつまでその筋肉保てるの??」

と少し冷めた目で見てしまいます。

なぜなら、胸は筋肉が付き過ぎて背中の筋肉を引っ張ってしまい、なで肩ですし、お尻の筋肉は付き過ぎて、太もも外側(外側広筋)にまで張りがでて、ガニ股になてしまってますし、首回りも筋肉が付き過ぎて、あれじゃ自転車で後方振り返れず命を失う可能性だってあります。

そこもしっかり計算してトレ-ニングに励んでいる方もいらっしゃるんで一概には言えませんけどね。

とにかく、筋トレするなら同じように前後のストレッチを!!

トレーニングフォーム、ストレッチがよくわからないという方、体験30分3500円です。
体験してみる

私のYouTubeチャンネルに色々とストレッチを載せてありますのでもしご興味あればご覧になってみてください。

「山田BODY」で検索♪

ー山田BODY-

YouTube毎日更新中♪

お客様からの驚きの提案・・・


試合前の間違ったストレッチ

応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

順番ダイエットブログ



スポンサードリンク