老ける原因を知って若々しい身体を作ろう

2019年7月12日 1 投稿者: body00

おばあちゃん倒れる

おじいちゃんの葬式の翌日の出来事。
父いわく、点滴を打って検査入院、心配無用とのこと。

やはり、精神的・肉体的に相当疲れたのでしょう。

そんな今回は「老い」について書きたいと思います。

老化=身体がサビる

と説明ができます。
サビるとは、酸化するということ。

空気中の酸素は、体内に入って、「活性酸素」という物質に変身します。
この「活性酸素」が体をサビさせてしまう原因となるのです。


活性酵素とは?

活性酸素は本来、体内に侵入した細菌やウイルスなどの敵からの攻撃からカラダを守るために、白血球がつくりだす物質。
活性酸素により、ひとつの細胞がサビると、その細胞は次々にまわりの細胞を酸化させていきます。

活性酸素により細胞がサビて行くと、内臓や皮膚、骨などのあらゆる組織にダメージを与えます。
カラダのサビは、老化やガンや生活習慣病などにつながると言われています。以前生活習慣病は、遺伝や家系などが主な原因と言われていましたが、研究が進むにつれ、生活習慣病の90%が活性酸素が原因ということがわかってきました。



スポンサードリンク

山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

活性酸素と戦うのがスカベンジャー

スカベンジャー(Scavenger)とは、、、
廃品回収業者の意味で、文字どおり身体の中で生じた廃棄物でもある活性酸素を、無害なものに変える働きをしてくれます。
また、抗酸化物質ともいわれ、
体内で作られる酵素と、体外から摂り入れる物質の2種類があります。

まず体内でつくる酵素のほうですが、活性酸素と結びついて害の少ない物質に変化させます。
代表的なものに、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、カタラーゼ、グルタチオンなどがあります。20歳代をピークにしてスカベンジャーを体内で作る能力は徐々に低下してしまいます。

この3つの抗酸化酵素は、たんぱく質やミネラル(亜鉛、鉄、銅、セレニウム、マンガン)などを原料にしてつくられます。
この3種類の酵素がお互い関連し合うことで「活性酸素」と戦うことができるのです。亜鉛や鉄となどのミネラルは不足しがちですから、食事ではできるだけ意識してとりたいものです。
活性酸素はどんな時に過剰発生するか
活性酸素は、私たちが呼吸し、食べ、歩き、眠る、そんな普通の生活をしていても発生します。

つまり生きている限り縁は切れません!
中でも特に大量に発生しやすいのは

激しい運動をした時

細菌やウイルスに感染した時

強いストレス状態にある、その状態が続いている時

紫外線や排気ガスなど大気汚染にさらされている

食品添加物を摂取

ダイオキシン、電磁波などの環境要因

喫煙、肥満など

環境汚染は進み、オゾン層破壊により有害な紫外線は増え、不況やOA機器のストレスにさらされている現代人は、活性酸素が増えない方がおかしいのかもしれません。

上にあげた項目は、逆に予防するための項目でもあります。できるだけストレスや環境汚染、化学物質を避ける、禁煙するなど、生活習慣をチェックしてみてください。



ともあれ、結局は好きなことをして生きてる人はいつまでも若いです。

漠然としてますが、皆様の周りの人たちを見てもそうではないですか?

ただ読んでもらっておいて申し訳ありませんが、こういった記事を読んでしまう人ほど老化の心配があると思います(笑)

悩んでる時間がもったいない。

要は楽しく生きることが大切。

よく笑う人はいつまでも若いです。

私のおじいちゃんもそうでした。

こちらのblogが、少しでも悩みを持たれる皆様のお役に立てれば嬉しいです!
次回は『プロテイン』について具体的に書きます!

健康寿命延びました!!✋



まずは1コインから👆



RIZINオフィシャル!!👆

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

あ、メールで相談だけでもいいですよ!!
ご相談はコチラ


あなたは「おにいさん?」「おじさん?」それとも「おじいさん?」カンタン体力測定ぜひ!!

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサードリンク