その薬ホントに大丈夫??死者8000人を知る

抗生物質(抗菌薬)の効かない薬剤耐性(AMR)をもった菌による被害で、日本でも年間8000人以上が命を落としています。

一見「ん?どういうこと?」

な内容だと思いますが少しお付き合いください。

国立国際医療研究センター病院と国立感染症研究所の研究グループが公表した内容によると

薬剤耐性菌の中でも頻度が高い「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)」と「フルオロキノロン耐性大腸菌(FQREC)」による「菌血症(細菌が血液に入り込んで起こる病気)」の全国の死亡数を厚生労働省のデータをもとに推計したところ、2017年のMRSAの死亡数は4224名、FQRECの死亡数は3915名と推計されたそうです。

これでもMRSAの死亡数は年々減る傾向にあるそうですが、(FQRECの死亡数は増える傾向にあり、他の薬剤耐性菌による死亡も含めると、年間1万人を軽く超えるそうです)

この「念のため」が非常に危険なのです!!

なぜ、抗生物質では殺せない細菌が増え、多くの人の命を奪うようになったのか?

それは、

必要以上に抗生物質が使われてきたからです

抗生物質を使うと細菌は大量に死にますが、一部にその成分が細胞質内に入るのを防いだり、無毒化したりする能力を獲得した細菌が現れます。

抗生物質をめったやたらに使うと、抗生物質に弱い菌は死に絶えますが、強い菌だけが生き残り、耐性菌ばかりが増えてしまうのです。

単独の抗生物質に対してだけでなく、複数の抗生物質を試しても効かない「多剤耐性菌」も出現し、院内感染による入院患者の死亡事例が起こるなど問題となってきました。

例えば風邪は細菌ではなくウイルスによる感染症なので、抗生物質では治せないのです。

しかし、風邪をこじらせて細菌による感染症を起こしては大変と、念のための抗生物質がしばしば処方されてきました。





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

また、新しい抗生物質が出るたびに製薬会社が販売促進をかけるので、医師がそれに乗せられて処方するということもありました。

さらには、患者側も
「医師が抗生物質は不要」と診断したとしても、
「抗生物質を処方してほしい」と求める患者が少なくないというのです。

実際、私もそうです・・・

「薬をもらうために医師にかかる」
という意識を持っている人が多いようです。

そういった患者にたいして
その人に薬が必要かどうかを見極め、ときには「薬は不要です」と言える人こそが、良心的で優秀な医師だといえますね!

Youtube始めました!チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


実は日本人約80%がヘルニアって本当!?

年末の大掃除にそろそろ取り掛かるころでしょうか??

くれぐれも腰を痛めることに注意してください!!

骨や軟骨の変性による腰痛の代表格として、真っ先に挙げられるのが、腰部椎間板ヘルニア。

あらためて説明しておきますと
腰椎は、「椎骨」という骨が連なっていて、椎骨と椎骨をつないでいるのが、「椎間板」と呼ばれる軟骨。

この椎間板は腰を曲げたり、伸ばしたりするとき、腰椎をスムーズに動かせるように、クッションの役割を果たしています。

椎間板を覆っている「線維輪」の一部が膨らんだり、線維輪の裂け目から「髄核」という椎間板の中身が飛び出たりするのが椎間板ヘルニア。
※ヘルニアとは、ラテン語で「はみ出した状態」といった意味です。





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

ヘルニアが、背骨の中を通っている神経を圧迫したり、炎症を引き起こしたりするので、腰や足の痛みやしびれが表れるわけです。
ただし、ヘルニアがあっても、腰痛になるとは限りません!!
腰痛を経験したことのない若者の画像検査をしたところ、なんと76%の人にヘルニアが見つかったという調査もあります。

椎間板へルニアの治療は現在、薬などで痛みを抑えながら、治癒を待つ保存療法がメインとなっています。

実は、ヘルニアの多くが、自然に縮小することがわかったからです。

ヘルニアの70~90%は、3~6カ月以内に自然に縮小することが確かめられています。

最近では、椎間板の水分を保持する力を低下させ、椎間板内圧を下げることによってヘルニアによる神経への圧迫を軽減させるという注射薬「コンドリアーゼ」が、普及しつつあります。

保存療法の期間が、劇的に短縮されることが期待されます。

しかし、10~20%の患者さんは、保存療法では症状が改善しません。

神経の幹の部分である「馬尾」が障害されている場合は、症状の進行を止め、神経機能の悪化を防ぐためにも、早い段階での手術をお勧めします!!

不安が少しでもある方は私に相談するか、すぐに病院へ行ってみてくださいね。

Youtube始めました!チャンネル登録を👇

👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』