肩こりの方は棘上筋をほぐすとスッキリ(一時的)

本日は肩こりの方必見の筋肉

棘上筋

について書きたいと思います。

この筋肉は
●起始が棘上窩
●停止が上腕骨大結節上部

となっています。

作用が、肩関節の外転

つまり、腕を上げるときなどに使う筋肉。
髪をかき分ける時も、高いところの荷物をとるときも日常生活のありとあらゆる瞬間に使う筋肉

それが棘上筋です

「肩こりがつらい〜」

という方のほとんどは

棘上窩のあたりを指や手根で押して
腕を回してあげるだけで一時的にラクになってもらえます。

※ご自身でやる場合は、逆の手の指で棘上窩を押さえ自ら腕を回すとスッキリします。

ただ、そもそもの姿勢改善をしておかないと無限ループの肩こりに陥ります。

リラクゼーションと体質改善は別物ですからね!

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


肩甲下筋をほぐすにはストレッチポールがおすすめ

今回は肩を内旋させるときに使う筋肉

肩甲下筋

について書きたいと思います。
肩甲骨の前面、すなわち内側についてる筋肉です。

●起始が肩甲骨前面
●停止が上腕骨小結節

ここが硬いと筋肉が内旋するため、巻き肩・猫背になります。
よって、肩甲骨をはがす動きは必須です。

私がパーソナルでおこなってるボクレッチは肩甲骨の動きに特化したトレーニングです。

ぜひ受けてみてください。

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

若干宣伝が入りましたが、、

肩甲下筋を動かす動きというのは何気ない動作で簡単にできます。

例えば朝起きて伸びをする時もそうですし、デスクワークの合間に肩を回すのもそう。

意外と無意識に動かせてる筋肉ではあるのですが、凝り固まりやすい。

例えば寝るときの姿勢

右を下にするか左を下にするか?

さらには寝返りをまったくうたない方も要注意。

つまり、ほとんどの方が肩甲下筋が硬くなる予備軍。

もしくはもうすでに硬いです。。

そこでぜひ使うべきなのがこちら!

ストレッチポール

もう今や、聞いたことがない方はいませんよね?
チューブ同様、一家に1本あって損はないですよ。

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』