ゴルフ、渋野日向子選手はなぜ笑うのか?

渋野日向子さん

もちろんご存じだと思います。
まだ若いながらゴルフの全英オープンで優勝した「シブコスマイル」は日本中、いや世界中をも笑顔にしましたね。

あの「笑顔」について

今回はなぜ「シブコスマイル」が結果につながるのか?を書きたいと思います。
以前にも何度かこちらに書きましたが、表情筋の動きと脳の柔軟性の関係性は
よく言われているセロトニンやドーパミンと呼ばれるホルモン分泌の問題だけでなく、下顎骨から側頭骨につながる側頭筋への影響が大きいです。

詳しくはこちらの記事をお読みください

『笑うと幸せになれる』を解剖学から見たエビデンス

要は笑顔により、頭を覆う側頭筋を引っ張る咀嚼筋と呼ばれる下顎骨が上がるのです。

よって、側頭筋が緩み血流=酸素の循環がスムーズになります。

結果、脳の回転が速くなるため物理的にも精神的にも柔軟な考えができるようになります。

つまり、笑顔を作ることで・・・

脳内ホルモン分泌により「癒し」「やる気」を増幅させると同時に、筋肉が緩み酸素が行き届くことで「柔軟な発想」ができ、スポーツ・仕事のパフォーマンスアップにつなげてくれます。

さらにこれは何かの本に書いてあったのですが、渋野選手は「自己決定能力」が大変優れているということが結果に大きく影響しています。

自己決定能力とは

簡単に言うと、自分で決断する能力です。

実際の話で、渋野選手は最終ホールの勝負を決める一打。

「慎重に行くべきか、大胆に狙うべきか??」

の決断をせまられたとき

「勝ち負けより、どちらが自分に合っているか?」

で決めるそうです。

この「軸」はものすごく共感し、私もマネしようと思いました。
確かに「必ず勝つ」人より「自分を出す」
人のほうが魅力的ですし、結果的に人がついてきますよね。

そして、自分を出せる人はいずれ勝ちます。

「華」があると言われる人もこちらの部類だと思います。

そして何より、
毎日妥協せず準備してきた上で本番に臨み、最終決定を
「自分らしく」にすれば後悔をしませんよね。

わたしの好きな言葉に「練習は悲観的に、本番は楽観的に」

というものがあります。

いい意味で開き直っている人は自然に笑顔でプレーできるんでしょうね。

なぜならプレーを楽しんでいるから。

ちなみに我が家でも常に「笑顔』をテーマに家族で暮らしています。

家族を見送るときの挨拶は「行ってらっしゃい!」に続き「楽しんできてね!」

となります。

常に笑顔で生活してほしいので、妻が疲れた顔をしていると横になってもらいストレッチをします。

夫婦のコミュニケーションとしてもおすすめです。
ストレッチが上手い、下手ではありません。
マッサージでもいいです。
さすってあげるだけでもいいです。
※そもそもそういったことをできる関係性を作っておきましょう(笑)

ちなみにうちの妻は毎朝わたしのストレッチ動画を見てストレッチしています

今朝は私が妻にストレッチしたのですが平日頑張って仕事してくれているので、毎日ストレッチしているとは言えあちこちが硬かったです。

特に今日は胸郭周りが硬かったです。
平日はデスクワーク、休日は家事を頑張ってくれているため仕方ないのですがこれが悪化すると胸郭出口症候群という症状になります。

胸郭出口症候群とは

胸郭周りの筋肉(小胸筋・鎖骨下筋・斜角筋など)が収縮することで、神経・動脈(心臓から肺に向かい流れる血管)・静脈(全身を流れ心臓に戻ってくる血管)に圧迫がかかり腕や指までしびれがきてしまう症状です。

主になで肩の女性に多いといわれていますが、胸筋ムキムキの男性にもなりやすい症状です。

「筋肉をつけたい」
「柔軟性が欲しい」

という目的を持つことは大切ですが、なぜそうしたいのか明確なゴールがある人とそうでない人とでは身体の変わり方も全く違いますね。

すなわち
漠然とした目的から
「こうなりたいから筋肉がほしい」
「こういうことがしたいから柔軟性がほしい」

という考え方になるだけでやるべきことがコロッと変わってきます。

なぜ渋野日向子選手は、常に笑顔でいられるのか??

そこには明確な目標があり、そのためには常に笑顔でいることが必要である

と判断したのではないでしょうか?

本日3/15(日)22時~林修先生の番組「初耳学」に出させていただいてます。

ぜひご覧ください!!

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


もっと見る

残念なサービスを受け、改めて考える極上のサービス

ホワイトデーでしたね!!

昼過ぎ、東京に雪が降ってきた時には思わず
「わ!ホワイトホワイトデーやん!」
とおっさんながら感動してしまいました・・・

でも、いくつになってもロマンチックなものはロマンチックです。

さて、そんなホワイトデーのプレゼントを吉祥寺のおしゃれなショップにスタジオ帰りに一人で買いに行きました。
いわゆるアクセサリーショップ。

ホワイトデー当日にもかかわらず大勢の店内に男性は私のみ・・・

周りが気になりあまりプレゼント選びに集中できない自意識過剰なおっさんです。

しかし、そうも言ってられない。

なんせ妻・長女・次女の計3つのプレゼントを購入しないといけない。

ここはさっと決めたいところ。

どうしよ?
まずなんの小物にするかを決めないと!!
なんと頭の中で独り言をつぶやきながら、一つの光輝くヘアゴムのトップに目が行った。

お!!これは妻が好きそうな形と色(シルバーの大きめ四角)
うちの妻は顔が小さいので大きいアクセサリーが割と似合う。

即決め!!

続いて娘たち・・・
お!!
良い大きさのハート型の妻のものと同じシルバートップのヘアゴムがある!!

これはいい!
ゴールドもあったが同じにしないと喧嘩になるので同じものを二つ購入!!

そしてレジに並んでいると、+200円でおしゃれな箱に入れてくれるという知らせが!!
これはぜひ!!
とレジでお願いする。

「すべてプレゼントでこの箱に入れていただけますか??」

さらに妻のものだけわかるようにと

「一つこちらだけ箱に印付けておいていただけますか??」

と注文。

5分ほどして包装が終了。

対応してくれた女性店員の愛想がとてつもなく悪かったが、まあここはいちいち腹立っていても時間の無駄。

家族の待つ元へとダッシュ!!

そして吉祥寺駅改札へ入り電車を待ちながら、ふとあの愛想のわるい女性店員の顔を思い出す。
みんながワクワクした気持ちで買い物したい場でああいう表情する子ってどういう人生歩んできたのかな??人の気持ちとかわからないのかな?
それとも今日だけ体調わるいのかな??

でももし前者だったら、包装もちゃんとできてないかも?

とふと思った。

そして、まさかと思い袋の中を見ると箱が二つしかない。

・・・え?
おれ三つ買ったよ?
まさか、妻の分を1つの箱に。
同じ種類の2つを一つの箱にまとめたとか??

恐る恐るその箱を振ってみると、あきらかに二つ入っているカシャカシャが聞こえる。

なんで!?
だれがホワイトデーで全く同じヘアゴムを二つあげるの??

え?もしかしてツインテール用と思ったの??

それなら一言聞いて!

そもそも私がレジでおこなった説明は
「それぞれ箱に入れてください。そしてこちらは外からわかるように印付けておいてください」

うん、今考えてもこの説明はまちがえていない!!

サービスとは

個人で仕事をおこなうようになってから特に「サービスの違和感」には過剰に反応するようになりました。

サービスっていうと、高級ホテルマンであったり、結婚式場とかが思い浮かびますが、そんなものばかりではなくこういった小さなショップもそうですし、ファーストフードもそうですし、われわれが生活していて日常生活で人と接している時間、やり取りですらサービスのやりあいだと思うのです。

一流サービス=相手の立場ですべての物事を見る

そして
極上のサービスは相手が求めているものの上を行き続ける事
だと思っています。

なので私はパーソナルを受けに来てくださるお客様にストレッチして柔軟性を出すだけで終わったり、トレーニングをお伝えして満足!では決して駄目だと思っています。

なぜそのお客様がここに来ないといけなくなったか??

その原因、そしてそれが改善した場合の次の目標。
さらに今のお身体からは想像できない状態へもっていくプランをお伝えし

ワクワクしてもらえることが重要だと思っています。

例えば、昨日のお客様がゴルフ終わりに左足首の外側靭帯あたりの痛みを訴えておりました。


その方は、右スイングなのですが左で壁を作る際に縫工筋(起始:上前腸骨棘 停止:脛骨粗面内側)の硬さから踏ん張る際に筋肉が伸び切らず
前脛骨筋(起始:脛骨外側面 停止:内側楔状骨・第1中足骨底)に負担がかかっていることがわかりましたので、まず縫工筋を緩めて脛骨粗面の内側に負担をかけないようにすることが大切なのですが、

そのことを伝える際に言葉が足りなかったり説明を誤ると

「なんでそこをストレッチするの??おれが痛いのは足首なのに!!」

と口に出してくださったらまだ説明ができるものの、心の中で思ってもう二度と来ないというのが普通の人です。

パーソナルジムに通うような経済レベルの方はほとんどこういった場合に何も言わずに離れてゆきます。

ここで、先ほどの「サービス」の話に戻すと

足首外側が痛いにも関わらず、縫工筋のストレッチをしっかり行う理由を伝えてから施術を始めしっかり結果をだすのが一流のサービス。

極上のサービスは・・・

こういった場合に例えば
「〇〇さんは、いま足首の外側の靭帯損傷寸前のところに来てます。その原因はゴルフのスイング時に壁を作る際、骨盤の外からお膝の内側につながっている筋肉に余裕がなくスネの筋肉に負担がかかってしまってます。つまりココとココが助け合ってしまっているせいで最終的に足首に負担がかかってしまっているんです。これを放っておくとお膝の内側に限界が来ます。
『内側側副靭帯損傷』お聞きになったことありませんか?そうです!タイガー・ウッズと同じ症状です。つまり今〇〇さんは全盛期のウッズと同じスイングができているんです!ただこれ以上無理をするとウッズと同じつらい思いをしないといけなくなります。そうならないためにも今日は私にお任せください!」

どうです?

きもちいいですし、なにより自然に
「このトレーナーに任せたら自然に明るい未来に連れて行ってくれる!」

と思いますよね。

これが私は極上のサービスであると思っています。

そうは言いながら、ミスの多いまだまだ未熟者ですが常に極上のサービスはテーマにもって日々精進していきます!!

日付変わりまして本日3/15(日)22時~林修先生の番組「初耳学」に出させていただいてます。

ぜひご覧ください!!

ちなみに・・・


👆こちら足首内側の三角靭帯と呼ばれるところ


👆足首周りの靭帯損傷を漠然とした「足首の捻挫」で片づけては絶対いけません!!!

すべての怪我には必ず理由があります。

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


もっと見る