クロールで気を付けること

オリンピック、日本勢頑張っておられますね。

コロナ禍での開催、海外の選手に比べ日本勢は体調面・精神面ともに若干有利な気もします。

引き続き選手の皆さん、全力を尽くせるよう願っております!

さて、本日はお休みをいただき家族サービスに使わせていただきました。

朝から近所のプール。

これを言うと、関係者の方に怒られそうですが、正直泳ぎに関してはスイミングスクールに通わせるより私が教えたほうが早いと思っておりますので、娘2人合わせてたまにレッスンをしております。

今日の目標は…

●次女(5)はビート板をつかいバタバタで5メートル

●長女(8)はビート板をつかいクロール10メートル

なんだ、そんなもんか。

と言われそうですが、一から教えてるのでなかなか頑張ってるほうです(笑)

次女は恐怖心があまりなく、さらっとクリアしました。

長女も、『人のアドバイスを素直に聞く』という長所があり、覚えが非常に早かったです(親バカ)

ちなみにクロールのコツは

  1. 身体はしっかり伸ばして水平に。 バタ足は膝をまげないように。
  2. 腕を回すときは、肩を開くイメージで、肩から大きく回しましょう。
  3. 息つぎは水中で「ンー」と鼻から吐いて、「パッ」と口を開いて吸う。
  4. 伸びている腕を枕にするイメージで、腕を回しはじめたら横を向いて息継ぎ。

長女は、予想よりも早く今日の目標達成したので、息継ぎもおこなってみました。

すると、バタ足の時の息継ぎのクセで首ごと水面に上げてしまい、不格好になってしまいました。

そこで、上記のとおり「伸ばした腕を枕にする」ということを意識させました。

すると、フォームが一変しました。

ぜひ、お子様に水泳(クロール)をおしえたいという親御さんはぜひ上記の4点を意識してみてください。

お子様の泳ぎが変わると思います。

ぼくが教えるときに意識していることは2点

〇感情で話さない

〇なぜこうするべきか?で絵をイメージさせながら伝える

ぜひお役に立ててみてくださいね!

※次女、プール後は奇抜なファッションで帰宅。

昼間は吉祥寺に家族で買い物へ行き、夕方からは自宅で夏祭りをおこないました。

前々から企画していた『おうち夏祭り』大盛り上がりでした!

●新型コロナウイルス感染予防策実施

トレーナーの検温・毎施術前後の手洗いうがい・アルコール除菌・マスク着用・換気(窓開け、換気扇の使用)・ベッド、マクラ、机、椅子等の完全除菌・タオル、ジャージ等の全入れ替え・毎回お客様見送り後の室内清掃etc…

ウイルス対策徹底しておりますのでご安心いただければと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E3638F34-3F66-47E9-87B4-D52A1553B032-1-629x1024.jpeg

ご購入はコチラ

ご質問などありましたら何なりとメールやDMくださればと思います。

ご予約・ご相談

◆著者◆
パーソナルストレッチトレーナー・芸人・元プロボクサー
山田BODY

松竹芸能公式プロフィール
YouTube
Twitter
Instagram
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
パーソナルストレッチ体験30分3500円から
体験・相談してみる
いつも応援ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です