知っとくべき体力温存法

知っとくべき体力温存法

コロナワクチン副反応に苦しむ妻!

な1日でした。

寝室で寝込んでいたので家のことを諸々やりました。

妻のワクチン接種翌日ということで副反応にそなえ、前もってお休みにしていたので想定内。

晩御飯も決して「激うま!」とは言えませんでしたが何とか子供たちが食べれる程度の味にはなりました。

●塩コショウ・ケチャップ・ウスターソース・マヨネーズ・みりん・醤油で味付け

完成!!

サラダは次女が担当。

なんかおしゃれな色合い。

どこで覚えてん!?(笑)

ふー。なんとか、1日を終えました。

いつも家事をしてくれてる妻の大変さをしるためにもこういう日はたまには必要ですね・・・

さて、ここからが本題です。

わたしはボクシング現役時代、よくグリコーゲンローディングという体力維持のやり方を意識してトレーニングや試合に臨んでいたのですが、最近スタジオで朝から晩まで施術させていただくことが少なくないので、

「体力がないと倒れてしまう!!」と思い、久々にグリコーゲンローディングを意識した栄養補給をしております。

グリコーゲンローディングとは?

要はエネルギーの貯蔵です。

糖を血中・筋肉・肝臓に貯蔵させ長時間エネルギーとして働いてくれるようにする方法なのですが、ただひたすら糖をとればいいというわけではないのです。

例えば・・・

●糖の吸収を助けることで有名な栄養素はビタミンB1が有名ですね。

→豚肉やウナギなどが代表的です。

●さらにビタミンB1の吸収を助けるのがアリシン。

→このアリシンが多く含まれているのが、ニンニクやネギ。

●さらにさらにグリコーゲンローディングを補助する非必須アミノ酸(体内で合成が可能なアミノ酸)がアラシン・プロリンと言われています。

なので、試合を控えるアスリートはやたらとアミノバイタル系の飲料を口にするわけです。

正直、「そんな面倒なことに神経使うくらいなら死ぬほど練習して好きなだけ好きなように食う!」

という考え方も正しいと思います。

勝つこと、自分に納得することが大切だと思いますので。

ただ、長年言われ続けている考え方ですのでスポーツでパフォーマンスアップを目指す方は頭の片隅に置いておいても良いかと思います。

動画はこちら

●新型コロナウイルス感染予防策実施(ワクチン2回接種済み)

トレーナー、お客様の検温・毎施術前後の手洗いうがい・アルコール除菌・マスク着用・換気(窓開け、換気扇の使用)・ベッド、マクラ、机、椅子等の完全除菌・タオル、ジャージ等の全入れ替え・毎回お客様見送り後の室内清掃etc…

ウイルス対策徹底しておりますのでご安心いただければと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E3638F34-3F66-47E9-87B4-D52A1553B032-1-629x1024.jpeg

ご購入はコチラ

ご質問などありましたら何なりとメールやDMくださればと思います。

ご予約・ご相談

◆著者◆
パーソナルストレッチトレーナー・芸人・元プロボクサー
山田BODY

松竹芸能公式プロフィール
YouTube
Twitter
Instagram
山田BODYがボクシングを語るブログ
パーソナルストレッチ体験30分3500円から
体験・相談してみる


いつも応援ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です