強いの?弱いの?酒飲んで顔赤くなる理由

さて、忘年会シーズン。

飲み過ぎていませんか??

今回は『なぜ酒を飲むとお顔が赤くなるのか?』
について書きたいと思います。

若い女の子なんかは酒の席ですぐ赤くなると
「かわいい~」

となりますが
男性が先輩なんかとお酒を飲んでるときにすぐ赤くなると
「おまえ酒弱いの?!」
となりますね・・・

でたいがいの返しセリフが

「いやいや!俺酒弱いんじゃなくて血行が良いんですよ!!」

ですね。

これ、実際はその男性

弱いんです。

酒の摂取で徐々に酒が飲めるようになっているだけで実際には
アセトアルデヒドの作用により顔の毛細血管を拡張させられている状態です。

このアセトアルデヒドには、自律神経である交感神経を強く刺激する作用もあります。

これにより、脈拍や血圧の上昇、冷や汗、筋肉の緊張、頭痛や吐き気、眠気、動悸など、いわゆる悪酔いといった症状につながります。

このアセトアルデヒドの分解能力の高さで、赤くなる?赤くならない?は決まります。

ALDH2遺伝子という遺伝子によってきまるのですが、要は遺伝です。



スポンサードリンク

なので、飲みの席で
「いやいや!俺血行が良いだけだから~!!」
と余裕ぶってる男性がいた場合は

「いや弱いから」

とレモンサワーを取り上げてください。

もしかすると
前述した遺伝どうこうではなく、毛細血管拡張症という病気の疑いもあります。

毛細血管拡張症は、顔の血管が拡張し皮膚の表面に透けて見える皮膚疾患のことです。

忘年会・新年会シーズン、あくまで楽しく飲めるよう本人も周りも最低限の知識をもって宴会に臨みましょう!!


よければ宴会で使って下さい

30分体験のご予約は【こちら

ー山田BODY-


ブログランキング参加中!

応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

順番ダイエットブログ



スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です