できるトレーナーがお客様のためにしてるたった1つのこと

2019年5月10日 0 投稿者: body00

最近はお客様をストレッチしたり、ボクシングのミットを受ける際に必ず

「この人は自分の恋人」

と思うようにしています。

こんなことを書くと気持ち悪がられそうですが、やっぱり相手の気持ちに立つ方法はいろいろやってみましたがこれが1番(笑)

「奥さん」だと近い存在になりすぎて、気を抜いてしまいがち。

なのでベストは「恋人」

・・・つまり何が言いたいかというと、相手の気持ちにどれだけ立つかが大切ですね。

お笑いもそう

自分勝手な人って面白くないですよね。

相手の気持ちに立ててないから、順番逆に言っちゃったりする。

オチから入ってフリ

みたいな・・・

「え?なんで笑わないの?」

ってあたり前や!

というパターン(笑)

そういう人はおそらくトレーナーとしてもいまいち・・・かも



スポンサードリンク

なので日常生活でもそういった
「相手の気持ち」

は意識していきたいですね。

というか「意識しないと!」と思っている時点で、それは本能で動けているわけではないので、私は一瞬でも

「人のためにこうしたい!」

と感じる直感にはすぐさま反応して行動しようと思っています。

それがいずれ自分のものになりますからね。



スポンサードリンク

ってプロローグ長いな!と思うなかれ。

要は誰かのためにならないと生きている意味がない。

ただ私自身もそれほど余裕のある毎日を送っているわけではないので、せめて仲間が困っていたら力になりたいと思っています。

さ、ようやく本題です。

こういった活動をしている仲間がいます。

松竹芸能の元先輩「ヒカリゴケ」の国沢一誠さんがリーダーを務める「ぼくらの手」プロジェクト。

何にもないところから、ワンちゃんの王国をつくろう!!

というもの。

詳しくはこちら

昔から思い立ったらすぐ行動の人でしたが、今回はすぐ行動しすぎた?

という噂もちらほら・・・(笑)

ドッグカフェに、ドッグラン、100%手作りワンちゃんの王国6月オープンに向けてなかなか過酷だそう。

そこで私、キャンプタレントで今大忙し、こちらも元松竹の先輩ベアーズ島田キャンプさんと共に一誠さんとワンちゃん達のもとへ行ってきました!!

ほんっとに広大な土地にまだまだ未完成の状態なものが多い中、そこにはまっすぐに成功だけを目指して働く一誠さんと、一誠さんがテントで一緒に寝泊まりしているワンちゃん3匹が元気に暮らしておりました。

早速作業を手伝う

元外構のプロ、ベアーズ島田キャンプさんの仕事っぷりはさすが!の一言でした。

わたしも、もちろん手伝おうとはしましたが、なかなかお役に立てているという実感を得ることができず・・・

切り替えてやっぱりこれ!

困っている人に対する支援の仕方も人それぞれ。

なんかいろいろ学びました。

仲間を救いに行って、うっかり自分が救われた心持ちです・・・

動画にしてみました。ご覧ください

よろしくお願いいたします!!

補足:この記事を読んでくださった方から早速、「支援に行ってきた」とのご連絡が!
私も国沢さんもワンちゃん達も本当に嬉しいです!
本っ当にありがとうございます!!まだまだ間に合います!!

ー山田BODYー


こじるりさんも体験ボクレッチ!!

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

山田BODY
twitterはコチラ

応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサードリンク