『東洋経済オンライン』に取り上げて頂いてます

『東洋経済オンライン』様に、書籍を取り上げて頂いてます!

人気記事ランキングも第2位!と本当にありがたいです。

孫正義氏GAFAに挟まれ光栄です。

記事はコチラから

今回、慌てて仕事の合間にPCでこのブログを書いている訳なんですが、やはり記事を見てくださった方がすぐにこのHPに飛んできてくださる可能性は高いですからね!

そして、こちらに飛んできてくださるということは、何かしら今の睡眠に満足していなかったり、ダイエットで悩んでおられたり、日ごろ忙しすぎてストレッチする時間がなくて・・・

など様々な悩みを抱えておられる方達であることが予想されます。

せっかく、そんな方々が私のおこなっている睡眠ダイエットに一瞬でもご興味をもってくださったのですから、ぜひともお役に立てればと思います。

私がこの睡眠ダイエットを考案したきっかけが、大学1年の頃でした

当時ボクシング部でリーグ戦真っただ中だったのですが、

試合1週間前に私の階級の本メンバーの先輩のケガにより、急遽試合に出ることになった私は残り6日間で66キロから57キロ(当時のフェザー級)に落とさないといけなくなりました。

6日で9キロ減量・・・

地獄のようなトレーニングはもちろん、飲み食いは一切せず、それでも試合3日前であと2キロが落ちない・・・

そこで普段、昼寝1時間、夜は7時間ほど寝ていたのですが、1日で考えると24時間の内、計3分の1使っているこの睡眠時間。

これ、もったいなくない??

と思ったんです。

と同時に、

この睡眠中に痩せることできないかな?

と考え、勉強したところ一般的に、睡眠中だいたい300キロカロリーほど消費していることが分かったのです。

「この消費カロリーを500キロカロリーにできひんかな?」

漠然とそう思った私は、寝る前に疲れない程度のほどよい運動&ストレッチをおこなってから寝てみました。

すると、なんと!!

翌朝、めっちゃくちゃ空腹で、身体は衰弱しているはずなのに、身体がピンピンしていました!!

さらに問題の体重なのですが、なにもしなかった時と比べて200グラムも多く落ちていたのです!!(ギリギリの状態での200グラムは正常時で言う1キロレベルだと思います←人それぞれですが)

結果、過酷な減量に成功し大学デビュー戦も無事勝利を飾ることができました!

(試合後の祝勝会で7キロリバウンドしましたが笑)

これだ!!

と思った私は、その後も睡眠ダイエットを続け

それからは減量がキツイと感じなくなりました。

少し、長くなってしまいましたが私が睡眠ダイエットエクササイズを考案するきっかけとなった出来事でした。

もし、「へぇ~、一体どんなもんなの?」と少しでもご興味湧いた方がおられましたらお手に取ってみていただければ、お悩み解決のお役に立てるかと思います!

書籍予約

ブログにはストレッチに関することはあまり書きませんので、ご興味ある方は

私のYouTubeや、スタジオでストレッチ体験を受けてみてくださいね!

◆著者◆
ストレッチトレーナー・芸人・元プロボクサー
山田BODY

松竹芸能公式プロフィール

YouTube

Twitter

Instagram

ボクシング大好きblog

パーソナルストレッチ体験30分3500円から
体験してみる

いつも応援ありがとうございます!

ブログランキング【←クリックお願いします】


スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です