質のいい呼吸をするために

呼吸が大切な理由

当スタジオには、突然呼吸が苦しくなるというお悩みをもって来られる方もたくさんおられます。

「呼吸がつらくて、なんでストレッチ?」

と思われる方も多いと思いますが、呼吸を安定しておこなうためにストレッチを求めることは非常に正しい選択だと思っています。

今回は「呼吸」と「ストレッチ」の関係性について

書かせていただきたいと思います。

第一に、日常生活で最も硬くなりやすい筋肉は上半身下半身ともに「前側」です。

つまり胸筋・上腕二頭筋・三角筋(前)など

これらの筋肉が硬くなる(収縮)ことで肩先(肩峰)が前方に入ります。

そうなった状態だと胸まわりの筋肉が縮んだ状態なので呼吸が浅くなるということはわかっていただけるかと思うのですが、

このことによって収縮し、呼吸を浅くする原因となるわかりやすい筋肉は

「肋間筋」です。

この筋肉はわたしがお客様にご説明する際によく用いる筋肉なのですが、呼吸筋と呼ばれ、

外肋間筋は吸気の際、胸郭を広げ(肋骨挙上・横隔膜収縮)、内肋間筋が呼気の際、胸郭を縮め(肋骨下制・横隔膜弛緩)ます。

イラスト出典「リハティスプラス」様

ちょっとややこしく書いてしまいましたが、わかりやすく言うと

「肺」を守る屈強な門番たちを一人ひとりしっかりと退治してようやく思いっきり呼吸ができるわけです。

…ますますややこしくなった気もしますが(笑)

とにかく、おもいっきり呼吸をするためには肺の周囲の筋肉が正常に動くことが必要であり、

おもいっきり呼吸ができないと日常生活はもちろん、深い睡眠をとることはできません。

そういった身体のほぐし方などは、私の書籍やYouTubeをご参考にしていただければと思います。

なにかご質問ございましたらメールいただければと思います。

こちら寝る前お役に立ててください

動画はこちらから

●新型コロナウイルス感染予防策実施

トレーナーの検温・毎施術前後の手洗いうがい・アルコール除菌・マスク着用・換気(窓開け、換気扇の使用)・ベッド、マクラ、机、椅子等の完全除菌・タオル、ジャージ等の全入れ替え・毎回お客様見送り後の室内清掃etc…

ウイルス対策徹底しておりますのでご安心いただければと思います。

もしご質問などありましたらおっしゃってくださいね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E3638F34-3F66-47E9-87B4-D52A1553B032-1-629x1024.jpeg

ご購入はコチラ

ご質問などありましたら何なりとメールやDMくださればと思います。

ご予約・ご相談

◆著者◆
パーソナルストレッチトレーナー・芸人・元プロボクサー
山田BODY

松竹芸能公式プロフィール
YouTube
Twitter
Instagram
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
パーソナルストレッチ体験30分3500円から
体験・相談してみる
いつも応援ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“質のいい呼吸をするために” に1件のコメントがあります