現在の日本とストレッチポール

時事問題

と言って他人事で片づけられない状況になっている今の日本です。

スタジオのご予約キャンセルもちょこちょこ出始め、状況と比例するものだなぁと感じる今日この頃です。

さて、今の問題に100%悩み考えてはいるのですが、どこか俯瞰で観てしまっています。

「やるべきことを完璧にやるだけ」
と結構普段から思う性格なので、「こうなるかもしれない」「こう決議される可能性が出てきた」
みたいな話の段階で興味をもつのは時間がもったいないと感じてしまいます。

本当は駄目なんですけどね。

「そこは専門家に任せて・・・」

というのが脳が反射的におこなってしまう思考回路で、専門家を否定したり、こうしたほうがいい!
というのを考えはするのですが、結局
「まぁプロの人がそう言うてるから・・・」

と考えるのをやめてしまいます。

これ、私の考え方の
『人それぞれが何かしらの「先生」になる』

という座右の銘の一つでもあるのですが、この状況で私という「先生」が何を生徒たちに伝えれるか?

が大切だと思っています。

私以外の国民を「生徒」ってそんな生意気な意味ではなく、常に何かを発信できる
ここにいる意味、日本にいる意味がある人間になりたいと思っています。

正直、現時点で自分がもっている影響力が、これまでに培った「結果」であり、
「影響力がないから私なんて~」とか「低所得者の私は~」
なんて言ってしまっている方は、蓄積されたものがない。
結果に向かって進めてなかったということなので反省すべきで、私も今回の騒動でいろいろ考えさせられました。

例えば、「コロナの恐怖を伝えたい!」と著名人、
いわゆるインフルエンサーである人物にお願いするのはめちゃくちゃ正しいことだと思うのですが、そういった行動をおこなってる時に私は絶望感に襲われると思います。

自分の微力さに襲われます。

でも、今回の騒動で世界で大勢の死者が出て、日本でも悲惨な現実がまもなく襲ってくるかもしれません。
というか襲ってくるのでしょう。

自分のレベル、知名度、影響力などは急に上がらないので、今の自分が何をできるのかを考え、なんとか前回の記事にも書いた1パーセントの方法をおこなえたらいいのかなと思っています。

それが先生であることなのかなぁと思います。
山田BODYとしてどう動くか??

家族のために、国のために・・・
大げさではなく国民一人一人がこれを考えることができればコロナは終息に向かうでしょうね。
きれいごとではなく。

とは言いつつ
「今後こういった状態が何年も続くかもしれない」

と、言われていたりもします。

なので、長い目で見た行動も必要です。

今日来てくださったお客様が
「山田さんのYouTube動画見てますが、自分の筋肉が硬すぎて動画みたいに動かせないんです」

とおっしゃりました。

なるほど!!

青天の霹靂でした。

そこで私はストレッチポールをお勧めしました。

こちらの記事をお読みいただいてる方もストレッチポールはご存知だと思います。

筋膜を緩めるあの筒状の棒ですね。

あれを使うと筋膜リリースができるんです。
このワードも何かしらでお聞きになったことはあると思います。
この筋膜というのは
筋外膜、筋周膜、筋内膜とあり
外側だけと思われがちなのですが筋肉には三つの筋膜があります。

そこをストレッチポールで緩めてゆくわけです。

前述させていただいたお客様のように、お身体がガチガチな方はものすごく痛かったりするのですが、徐々に慣れてきます。

慣れるというより、緩んできます。

そして、そうなってからがようやく筋肉にストレッチがかけられるという状態になります。

お身体がガチガチに張ったお客様にまずストレッチポールを使う利点は以上のようなことからです。

ストレッチポールで筋膜は緩みます。

ただ、いま現在の気を張った日本の状態はいつか緩む時が来るかもしれません。

この恐怖に溜まりに溜まったフラストレーションが爆発するような事件が起こる可能性もあります。

いま国民は、残らず全員がんばってます。

どうか協力的に「自分のやれること」をやりましょう!
私も微力ながら必死に考えて動きます。

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です