ブロック注射=「安心」ではない

ブロック注射=「安心」ではない

コロナワクチンの副反応に関する話が嫌でも耳に入ります。

で、「死亡」につながることもあるのか?と真相を調べようとすると「コロナワクチンとの因果関係はわからない」的な文章で締めくくられる。

これは国民全員とにかく不安!!

ここ最近のコロナ禍で、さらにメディアにすべての情報が操作されてる感がはっきりした感覚がありますよね。

なので、TVはできるだけ見ないようにしてます!!

感覚が偏るんで。。

少し内容が変わりますが、感動ドキュメントなども同じ。

明らかに製作者が「ここで泣かせよう」と思って作られたところで泣くと、悔しい(笑)

そんなさなか、24時間テレビのポスターをふと見ると…

菅野美穂さん!!

ぜったい観よ。

さて、先日お客様のご家族の方が、腰痛でブロック注射をされたということでご相談をいただきました。

その内容が「ブロック注射後のケア方法は?」でした。

ブロック注射とは?

痛みがある場所の神経の近くに局所麻酔薬を注射することで、一時的に神経の興奮状態を抑えて効果的に治療する方法です。 薬物療法に比べて、痛みの部位に的をしぼって高い効果を示すので、全身への影響が少ないというメリットがあります。 入院の必要はなく、日帰りで行うことができ、治療には保険が適用されます。

というものなのですが、これをおこなったから痛みの原因が解決した。ということにはなりません。

例えば、ご相談者様の症状は腰椎のヘルニアだったのですが、骨盤後傾が強く、腰椎に負担がかかったものでした。

その場合、多い理由がお尻の硬さによる骨盤後傾。

すなわち、負担の原因となる臀部のケアが必要です。

わたしが返信した内容は

「とりいそぎ再発予防として、臀部の硬さを取ることが必要だと思いますので、こちらを毎日おこなってみてください」です。

整形外科などのサイトを見てみると

ブロック治療とは、一時的に痛みを麻痺させるだけでなく人間の持つ自然治癒力をサポートすることで、治癒能力をアップさせる効果的な治療方法です。」

といった内容が書かれていたりしますが、

結局姿勢の乱れを改善しないことには自然治癒力が働こうが、無意味になります。

ぜひ、「ブロック注射を打って安心」ではなく、ブロック注射を打つことになった原因を明確にして、再発予防に努めましょう!

それでは今夜も素敵な睡眠を・・・

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2A03830E-7787-449C-A7ED-4CB70C87F215-1024x576.jpeg

動画はこちら

●新型コロナウイルス感染予防策実施

トレーナーの検温・毎施術前後の手洗いうがい・アルコール除菌・マスク着用・換気(窓開け、換気扇の使用)・ベッド、マクラ、机、椅子等の完全除菌・タオル、ジャージ等の全入れ替え・毎回お客様見送り後の室内清掃etc…

ウイルス対策徹底しておりますのでご安心いただければと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E3638F34-3F66-47E9-87B4-D52A1553B032-1-629x1024.jpeg

ご購入はコチラ

ご質問などありましたら何なりとメールやDMくださればと思います。

ご予約・ご相談

◆著者◆
パーソナルストレッチトレーナー・芸人・元プロボクサー
山田BODY

松竹芸能公式プロフィール
YouTube
Twitter
Instagram
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
パーソナルストレッチ体験30分3500円から
体験・相談してみる
いつも応援ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です