今すぐ辞めないと腰壊れます

新しい絵が完成しました。

タイトルは「ブサイヌ」

「素人の落書きじゃねえか!」

と言わんといてください。

落書きなんで。。

山田BODYらくがき展

さて、回旋系スポーツをされる方はぜひ知っておいてほしいことがあります。

ちょいとややこしい話をするのですが、

まずいま

『よく履く靴の底を見てください。』

外側、もしくはかかと側がすり減っている方、一旦スポーツを辞め

お身体のメンテナンスからおこないましょう!

理由をこれから説明いたします。

上記の靴底状態の方は、骨盤後傾になっている方が多いです。

骨盤が後ろに傾いている=お尻(特に周りを覆う大殿筋)・ハムストリング(特に外側の大腿二頭筋)が硬い状態です。

この状態で、回旋運動をしようとすると腰椎にかかる負担がとてつもなく強くなります。

仮に今、骨盤を後ろに傾けた状態で腰を回旋してみてください。

腰椎にかかる負担が大きくありませんか?

というかほぼ『胸椎』を回旋していませんか?

つまり、最初に書いた靴底状態の方は股関節が外側に開き内旋状態に持っていくことができない。

つまり、全身の回旋動作を腰椎・胸椎でカバーするしかなくなるのです。

ちなみに股関節の回旋角度が約45度・胸椎が約30度・腰椎はなんと5度ほどと言われています。

よってまずは股関節の柔軟性がものすごく必要なのですが、何をすればいいかわからない方がほとんどだと思います。

とりあえずこれら10秒ずつから行ってみてください♪

なんでもご質問くださいね!!

●新型コロナウイルス感染予防策実施(ワクチン2回接種済み)

トレーナー、お客様の検温・毎施術前後の手洗いうがい・アルコール除菌・マスク着用・換気(窓開け、換気扇の使用)・ベッド、マクラ、机、椅子等の完全除菌・タオル、ジャージ等の全入れ替え・毎回お客様見送り後の室内清掃etc…

ウイルス対策徹底しておりますのでご安心いただければと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E3638F34-3F66-47E9-87B4-D52A1553B032-1-629x1024.jpeg

ご購入はコチラ

ご質問などありましたら何なりとメールやDMくださればと思います。

ご予約・ご相談

◆著者◆
パーソナルストレッチトレーナー・芸人・元プロボクサー
山田BODY

松竹芸能公式プロフィール
YouTube
Twitter
Instagram
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
パーソナルストレッチ体験30分3500円から
体験・相談してみる
いつも応援ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。