今年も感謝です。四十肩・五十肩について書かせていただき終了!

2019年 
仕事納めでございました!

12月30日までお客様が来て下さることに感謝です。

さて、四十肩・五十肩というものを今一度確認しておきましょう。
正式名称は肩関節周囲炎

要は、肩周りの痛みを総称した呼び名です。

つまり、これ!という明確なモノではありません。

肩の痛みは腱板損傷であったり、肩峰と上腕骨がぶつかり合うことでの痛み(滑液包の炎症)
肩を上げることによる周囲の筋肉の収縮による痛みなど原因はざまざま。





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

つまり、
専門家に「診てもらう」

ことが大切です。

人は病名や、症状の名称を付けられるとすぐさま『患者』になってしまい、半ばあきらめがちになる傾向があります。

どうぞ、改善の可能性を信じてみてくださいね!

では、今年も本当にありがとうございました!!

山田BODY

Youtube始めました!チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


あなたの平熱が低いワケ

相変わらず凍えるような日が続きます

え?寒すぎる!
風邪?やだ!インフルエンザ!?

なんて一瞬ぞくっとするほどの寒さに襲われることありませんか??

洋服をいくら着ても寒い!!
って方は多いと思います。

その原因で考えられる一つとして、
「そもそも体温が上がらない」
ということがあります。

なぜ体温が上がらないか?

それは、
「朝食を抜くから」
です。

朝食で「バランスのいい食事を摂ったグループ」と、「おにぎりだけ」「パンだけ」「飲み物だけ」「何も口にしない」といったグループとでは起床後の体温の上昇の仕方が全く違ったそうです。
※このバランスのいい食事というのは例えばカロリーメイトのような栄養補助食品でも可





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

そして、もう一つ体温低下の代表的な原因は

「睡眠不足」

です。

睡眠不足は血管収縮、つまり血流悪化の原因。

つまり体温低下に繋がります。

上記の二つは今すぐにでも改善できることですね!!

ぜひぜひ今夜から実践しましょう!!

そうときまったら・・・

おやすみなさい~

Youtube始めました!チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


ロコモティブシンドローム、通称「ロコモ」の恐怖

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

とは、「運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態 」のことを表し、
2007年に日本整形外科学会によって新しく提唱された概念です。略称は「ロコモ」と言われます。

運動器とは、身体を動かすために関わる組織や器管のことで、骨・筋肉・関節・靭帯・腱・神経などから構成されています。

要介護の原因となるロコモティブシンドローム 高齢化社会を迎えている日本では、平均寿命は約80歳に達しております。
(2018年女性87.3歳 男性81.3歳)

しかし運動器の障害によって、日常生活に支援や介護が必要となる方が増加しています。 

ピンピンコロリという言葉があります。

生涯ギリギリ、亡くなる直前までピンピン元気でコロッとあの世へ
だれもが願う理想の最期ですね





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

平均寿命が延びている分だけ、運動器の健康を長く保ち続ける必要があり、国民一人一人が運動器の健康維持に対して関心を向け、ロコモティブシンドロームを予防するための運動習慣が推奨されています。

ちなみにこれ出来ますか??

まだばりばり働いている方で出来ないと少しだけマズいです

若い方は余裕かと思いますが・・・

●椅子に座位の姿勢から片足で立ちあがる

ぜひやってみてくださいね!!

Youtube始めました!チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


自宅で転んで人生がおわる

寒いです。

よく実家のオカンが昔「さむいいうから寒いんや!暑いっていいなさい」
と言うてましたが
暑い!いうても寒いもんは寒いです・・・

雪が降り続いている地域もあると思いますがどうかお気を付けください。

外だけではなく、室内でも身体が冷えて足がつったり、筋肉が硬直して思うように動かせなかったりして転倒する方が増える季節です。
若い人は問題ないかもしれませんが、お年寄りは特に要注意です。





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

高齢者が「要介護」となる主な原因は、脳血管疾患(脳卒中)が最も多く、認知症・高齢による衰弱と続き、「骨折・転倒」は全体の10%以上を占め、4番目の多さになっています。
脳卒中→衰弱→転倒

さらに転倒する割合は男性と女性を比べると大幅に女性が多いです。

ちなみに
転倒した自宅の場所では「庭」が最も多く、
次に「居間・茶の間・リビング」
→「玄関・ホール・ポーチ」
→「階段」
→「寝室」
→「浴室」
の順となっていますので参考にしてみてください!

Youtube始めました!チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


坐骨神経痛の治し方(焦ったらダメ)

おしりが痛いんです・・・

と仙骨付近を押さえてお客様が来られました。

おそらく『坐骨神経痛』です

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれるような痛みなどの症状のことを指します。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれるような痛みがあらわれます。





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

原因

年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になると、腰部脊柱管狭窄が増えてきます。
腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアとも腰椎に起こる異常によって神経根が圧迫され、下半身に痛みやしびれるような痛みを引き起こします。

腰部脊柱管狭窄症

腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態のことで、50代を超えた中高年に多く見られます。
脊柱管が老化などが原因で狭くなり、神経根や馬尾と呼ばれる部分が圧迫され、下半身に痛みやしびれるような痛みを伴うこともあります。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアでは、何らかの理由でこの髄核が押し出され、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることで痛みやしびれるような痛みが起こります。
この状態が腰のあたりの背骨で生じたのが「腰椎椎間板ヘルニア」で、下半身に痛みが起こります。

梨状筋症候群

お尻の奥にお尻を横切るようについている筋肉(梨状筋)の中を走っている坐骨神経が、外傷やスポーツ活動などで圧迫されて起こる、痛みのことを「梨状筋症候群」といいます。

上記のどの原因にも当てはまるのですが骨盤をさせている大腿筋膜張筋が硬くなると腸脛靭帯が収縮して、骨盤まわりが硬くなります。
すなわち神経痛の原因。
過去記事なのですが、腸脛靭帯について書いております。
コチラ】 

坐骨神経痛で悩まれている方、
まずは地道に、
腸脛靭帯をストレッチポールで緩めることから始めてください

Youtube始めました!チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


有酸素運動は筋肉が落ちるってホント?

有酸素運動って筋肉落ちるの??

きょうお客様に聞かれました。

これ、実は極論を言うとYESなんです。

本当に極論を言うとです。

どういうことかと言いますと、有酸素運動のみしかしていない人が太らない理由は
摂取カロリーを消費カロリーが上回っていないから。

ちょうどいいラインでバランスを取っているため、引き締まった身体がキープできます。

ただ闇雲に、
「痩せたい!!」ということで有酸素運動をし、筋トレをしないで食事制限をしていると、
脳が「生命を維持するためのエネルギーが足りない!!」
と判断し、食事で補えないエネルギーを筋肉と脂肪を分解することで確保しようとします。





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

脂肪はOKですが筋肉まで落ちたら本末転倒!!

そこで筋トレをして、脳に「筋肉は必要!落としてはいけないもの!」と認識させないといけないのです。

あの超有名「コミット系ダイエットパーソナルジム」も最近は、リバウンド防止のため食事制限だけではなく、筋トレをメインメニューとして組み込んでいます。

マラソン選手や水泳選手が現役を引退してから急に競技を辞めず、趣味としておこなったり指導者に回るのはそういった
「身体のため」
という理由もあるかもしれませんね!

これから始まる年末年始のお祭りモード
くれぐれも摂取カロリーに気を付けましょう!!

Youtube始めました!チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


「太る」はカロリーだけが原因ではない!

もちろん、消費カロリーより摂取カロリーが多いと太ることは常識です。

それを踏まえての話なのですが・・・

食事を摂ったときの血糖値の上がり方もダイエットと無関係ではありません。
食事をして食べたものがからだに吸収されると血糖値が上がります。
そうすると上がった血糖値を下げるために、すい臓からインスリンというホルモンが分泌されます。
このインスリンが分泌されると、血糖値を下げる過程で血中の糖分を脂肪に変えてからだに貯め込むように働きます。
血糖値の上昇が緩やかであれば、通常、インスリンは過剰に分泌されることはありません。

しかし、空腹状態からいきなりお菓子やご飯、パンなど糖質主体の食べ物をたくさん食べてしまうと、血糖値は一気に上昇し、インスリンが必要以上に分泌されてしまいます。

これにより、糖分を脂肪として蓄積することに拍車をかけてしまうのです。それだけではなく、急上昇した血糖値を今度は急降下させる「血糖値のジェットコースター的急変化」を招くこととなり、食欲を増長させるとも言われています。





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

血糖値急上昇の対処法は??

ズバリ、食物繊維をたくさん摂りましょう

空腹時、ご飯などの糖質主体の食べ物を一気にたくさん食べたくなる気持ちは分かりますが、脂肪蓄積が促進されて食欲も増長されるといったようにダイエットにはとても悪影響を及ぼします。
これを避けるためには、消化吸収に時間のかかる「食物繊維」が豊富な野菜から食べること。これは、食物繊維が消化吸収をゆるやかにしてくれて血糖値の急上昇を抑えてくれるからです。

このように、食べる順番によって血糖値の変化が異なり、血糖値の急激な上昇を抑えることで太りにくくなります。
わたしもおこなっている「順番ダイエット」です!

私の食事の目的はお腹いっぱいになることではないです。
食べものが身体を作るための栄養になっていただくことです。

食べたらダメ!
とは言っていません。
順番だけ守ってみてはいかがでしょうか?

Youtube始めました!チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


ストレッチの父、ボブ・アンダーソン

最近、口コミからのご紹介などで初めて診させていただくお客様がありがたいことに増えてきたのですが、

「そもそもストレッチってなんなの??」

という疑問をいだく方もいらっしゃいます。

そんな方に私はすぐさま
「いやいやお客様!ストレッチはストレッチですよ!昔からおこなわれていて・・・昔?誰が?どういうタイミングで考えたの??」

突如頭がちんぷんかんぷんになりかけましたが、落ち着いて思いだすと知識としてはあります。

1975年にボブ・アンダーソンが柔軟性獲得を求めて発表したものです。

ストレッチには種類があり
スタティックストレッチ(静的ストレッチ)
バリスティックストレッチ(動的ストレッチ)

とあり、伸ばしたい筋肉の拮抗筋に力を入れ(収縮させ)ながら伸ばすダイナミックストレッチというものもあり実は幅が広く、奥が深いです。





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

ボブ・アンダーソンは、
筋・腱・結合組織の伸張限界を越えて引っ張る危険性とエネルギー消費量が少ないスタティックストレッチを中心に発表しています。

副交感神経を優位にさせ、リラックスして行うこのスタティックストレッチ

まず、ストレッチの意義と効果を理解し、自己の意識を改革する。
副交換神経の刺激による交換神経の興奮の抑制。(腹式呼吸法などを利用)
筋の相反性神経支配を利用した筋の弛緩。
筋カの約60~70%での等尺性収縮(アイソメトリック)と弛緩を繰り返すことによる筋の弛緩。  
が挙げられます。

もし、筋の頻回に繰り返す収縮や持続的収縮による筋の弾性の消失を放置すれば、少しの刺激に対しても伸張反射や逃避性反射を引き起し、筋の緊張や時には痛みも生み出します。
更にこの刺激は、求心性の知覚神経を通り中枢神経に送られ、神経や脳の過緊張をも引き起します。
更にこの緊張は遠心性の神経を介して筋のみならずその他の組織にもフィールドバックされ、それぞれに緊張を生みます。
つまり、筋の緊張が放置された場合、これらの悪循環を生み出し、筋の炎症や傷害だけでなく全身的に悪影響を引き起こす結果となります。

身体を柔らかくしたい!
→涙を流しながら股わり

そんな時代は終わりました。

社会もスポーツも、そしてストレッチもロジカルにいきましょう!

Youtube始めました!チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


ナメたらあかん!ぎっくり腰

よくお客様が
「ぎっくり腰なっちゃってー」
と来られます。

ものすごく簡単におっしゃることが多いのですが
ぎっくり腰とは急性腰痛症とよばれるもので、急に腰部に激痛がはしる症状のことです

ふとした瞬間や、急な動作、重い荷物を持とうとしたとき、体をひねったときなどにその場にうずくまらなければいけないほどの激痛が走ると言われています。

わたしはいまだに経験したことがないのですが、
欧米ではその病態から「魔女の一撃」と呼ばれているそうです・・・

椎間板ヘルニアや腰椎椎間関節捻挫と呼ばれる症状で起こる場合もあるとされるものの、多くは原因が分からず、 やはり非特異的腰痛症と呼ばれることがあります。

なので、ぎっくり腰はけっして軽いものではなく

症状=ぎっくり腰(急に腰が痛くなった状態)
病名=ヘルニア(椎間板内の髄核が飛び出し神経を圧迫しておこる傷害)





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

ぎっくり腰の原因は、
重い物を持った、急に体を捻ったときなどに一部の筋肉にかかる負荷により起こることが多いと言われています。

当ブログによく書かせていただきますが、やはり上半身・下半身の連動が鍵をにぎります。
急性腰痛症を避けるためにも、臀部から腰にかけての柔軟性は常に保つよう心がけましょう。

ちなみに・・・
急性腰痛症の場合にはRICE処置をお勧めします!!
R=REST(安静)
I=ICING(冷却)
C=COMPRESSION(圧迫)
E=ELEVATION(挙上)

※PRICES処置ではこれにProtect(保護)とStabilization(安定・固定)が加わります。

Youtube始めました!チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


セルライト、自然に消えると思ってませんか?

セルライト

女性では気にしたことない方の方が圧倒的に少ないのではないでしょうか??

細い人も含め女性の8割はセルライトがあると言いますからね。

さてそもそも
セルライトの正体ご存知ですか??

簡単に言うと
『脂肪+老廃物』
です。

体内の代謝が悪いと、リンパ液が脂肪細胞の周りに吸着し固まってしまいます。
そして残念なことにセルライトは、運動やダイエットだけでは消えないのが特徴です。

血液の循環を悪くさせる主な原因は
「冷え性」「むくみ」「運動不足」「加齢」
などです。

運動不足で脂肪が燃焼されないと、太りやすい体を招き、
代謝が落ちたり、血行不良につながります。

食べ物では、脂質や糖質以外にも添加物や保存料を含む食品も
肥満や代謝が落ちる原因になります。

また、睡眠不足になると、体温調節がうまくいかなくなり、さらには食欲も増し、血行も悪くなり
セルライトができやすくなります。

最近は世の中が進化しすぎて、正直寝る時間がもったいないほど日常生活に楽しいことがあふれかえってます。

その気持ちは十分にわかります。

ただ、コンディショニングをしっかりおこなっておかないと全身セルライトのかたまりになり

海にもいけない
温泉にもいけない
彼氏に見せれない身体になってしまいますよ!

Youtube始めました!チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』