中田ヒデも経験!サッカー選手に最も多いケガ

中学生のサッカー少年のパーソナルをさせて頂きました。

彼は試合中にシュートを打った際(テイクバック)に股関節を痛めてしまいました。

これは鼠径周辺部痛症候群(グロインペイン症候群)といいましてサッカー選手にもっとも多いケガです。

シュートを蹴る側の太ももの内転筋や恥骨周り、大腿四頭筋、腸腰筋あたりが硬く、くりかえしシュートを打つことで
炎症をおこします。





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

予防策として必要なのは、ストレッチとトレーニングですね。

シュートのテイクバックとフォロースルーに耐えることができる柔軟性。
キック時の伸びに耐える筋肉。

そもそも爆発的なシュート動作に重要なことは『上半身と下半身がスムーズに連動すること』です。
つまり、足だけを速いスピードで振るよりも全身を“むち”のようにしならせて振りかぶりその勢いを利用してスイングをすることで、より大きな力を生み出すことが可能になります。

そのためにはまずは
体幹トレーニングを強化しましょう。
正直、体幹が安定してこその運動神経です。

Youtube始めました!チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です