やらなきゃ損!?勝手にやせる方法「HIIT」

HIITトレーニング

聞いたことあると思います。
ビジネスも趣味も『時短』が求められる時代
ポイントは

「アフターバーン効果」

これは、簡単にいうと、運動を終えた後でも普段より酸素摂取量が増えていて、
エネルギー産生が続く状態のことです。

しかもその際、エネルギー源として脂肪が優先的に使われます。つまり、運動後、休憩中も寝ている間も脂肪が燃え続けるということです!!

注意点

このアフターバーン効果はちょっとした運動では十分得られません。
最大酸素摂取量の50~60%以上の運動強度で、運動するほど増加し、運動後3~14時間、場合によっては24時間程度も持続することがわかっています。

就寝中も脂肪が燃え続けるんです!

あ、HIITの説明をしておりませんでした!

たった20秒間の全力ダッシュ×8セットでOKです。

ですから、実質の運動時間はたったの160秒ということになります。

そのかわり、オールアウト(全力)でおこないましょう!





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

このアフターバーン効果は、HIITのような運動強度の高い運動ほど長く続くことがわかっています。

つまり、例えば朝にHIITを行えば、
少なくとも午前中は体がエネルギーを消費しやすい状態(脂肪を燃焼しやすい状態)が続くということです。

運動時間の短いHIITに脂肪燃焼効果があるのは、こうした運動後の体の変化・反応があるからなのです。

さらに、「脂肪」の減少効果だけを比較すると、ジョギングよりもHIITのほうが効果が高いこともわかっています。

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」を減らすのに効果的です

体重減少効果を見るとジョギングなどの中等度の持続的運動と同じくらいなのですが、
その理由は、HIITを続けていると脂肪が減っていくと同時に、筋肉もつくからです。

さらに!!
HIITを行うことで食欲が抑えられる効果もあることがわかっています。
もともと激しい運動をすると血中乳酸値と血糖値が上昇して、食欲が低下することはわかっていましたが、
それに加えてHIITを行うと、食欲を刺激するグレリンという、胃で産生されるホルモンの濃度が下がることも判明しているのです。

『時短』『筋トレ効果』『痩せる』

HIITをやらない手はないですね!!

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です