小学校から塾に通う運動音痴な子供たち

「インフルエンザのように夏になったからと終息するとは考え難い

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスについて言及しております。

いやいや、それを月曜の朝から当たり前のように情報番組で
聞かされてどういう気持ちで国民は満員電車にのりこんで今日も出社すればよいのでしょうか??

「もう運を信じるしかない!!」
という考え方で日々生活している方もいるでしょうし、

「命が1番!」
とかたくなに外には出ないと決めた方もいるでしょうし、

「とにかく免疫力!!」
と免疫力が高まるといわれている方法を片っ端からおこなっている方もいるでしょう。

今回はその免疫力について書きたいと思います。

免疫力を高めるためには適度な運動がいいといわれていますね。

こちらご参考にしてください👇

他にはやはり食生活。
私は食事の他に、ヤクルト、プロテイン、免疫ビタミン、葛根湯は欠かしません。

そしてやはり十分な睡眠ですね。

忙しくて睡眠時間を確保できないという方は、せめて質を高めましょう!!

寝る前のストレッチは効果的です。
お風呂で体を温めてストレッチをして布団に入る。
そして、熱を体外に逃がし身体を冷やすことで質のいい睡眠となります。

この「免疫力」なのですが、適度な運動とは逆に
ハードな運動後だと免疫力が極端に低下します。

「オープンウィンドウ」(窓を全開にした状態)と言われるほどです。

今回はそんな『免疫力』について書きたいと思います。

睡眠・食事・適度な運動
とこの三大健康ワードに共通すること。

それは「血流の循環」ですね。

やはり全身に血(栄養素)が巡ってこその健康ですからね。

さらには頭に血が回らないと脳に酸素が行き届かず思考能力の低下。

すなわち、分野かかわらずパフォーマンスダウンにつながるのではないでしょうか??

そんな免疫力UPに効くといわれる思いもよらないものがあるんです。

それは・・・

なんとノンアルコールビールです!!

ノンアルコールビールにはポリフェールが豊富に含まれ、さらにはミネラル・ビタミンも。
しかもノンカロリーだったりする。

ドイツなどではアスリートがハードなトレーニング後にまず口にする飲み物は必ずと言っていいほどノンアルコールビールだとか・・・

いわゆるスポーツドリンクより断然、免疫力向上の効果があるといわれ、あたりまえのように飲まれている国では

「何をいまさら??」感もあるとか(笑)

いやぁ、知らなかったし、いまだに信じられない!!
という方も多いのでは??
お恥ずかしながら私も実はその一人です(笑)

そして先ほどの話に戻ると、免疫力向上のためには全身の血流をよくするといいましたが、血流をよくするまず手っ取り早い方法はストレッチですね。

適度な運動後、ストレッチをおこない、その後ノンアルコールビールを飲むという流れがベストですね!!

日本の風潮として、トレーニング後にノンアルコールビールなんかを飲んでる姿を監督に見つかってしまうと鉄拳が飛び交ってきそうですが
これからはそういう時代なんですね。

コロナ問題で突然テレワークが推奨され始めましたが、社会人の方ほとんどから聞こえてそうな
「いや急に言われても・・・」

こういった災害などに対しての事前準備もそうなんですが、それ以前に
「会社いく意味ある!?」
と大勢の社員が思っているならコロナ問題があろうがなかろうが何かしら変化していってもいい気がします。

昔からの当たり前に疑問をもつというのは私の中でも一つのテーマとして持っています。

芸人としての話は今回は置いておいて、トレーナーとしていつも思うのは、

体育の授業(小中高)ちゃんとやってくれてる??

ということです。

3.4歳~8歳をプレ・ゴールデンエイジと呼ばれ、この期間にさまざまな運動をおこない運動神経の基盤ができます。
さらに9歳~12歳がゴールデンエイジと呼ばれ、この期間になにか特化したスポーツをさせるとその種目の伸びが著しく良くなる時期です。

子供の運動神経にとって最も大切な時期、小学校6年間を体育の先生(担任の先生)は担ってるわけです。

・・・大丈夫でしょうか??

これは体育の先生が悪いと言ってるのではなくちょっと人数的にも、内容的にも無理があると思っています。

では習い事をさせよう!!
と親御さんは思うわけですが、なんの分野にしてもグループレッスンが9割。

例えば、うちの長女はチアダンスを習ってるのですが今日レッスン終わりに
「足が痛い・・・」
とちょうど第2指の付け根あたりをおさえていたので
「虫様筋かな?」
と思い、長趾屈筋腱の内側縁(起始)~第2~5指の基節骨(停止)のあたりを緩めました。

長女は
「なんで痛いところを揉まないの??」

と不思議に思っていましたが、
「これがストレッチや」

と一言だけ伝え、緩めたあと動かさせると長女が
「あれ?痛くない!」

と大喜びで興奮。

そりゃそうなんです。
最近は、外出も控え気味で今日は夕方おこなわれたチアダンスまでほぼまったく運動はしていませんでした。

そんな中、いきなりハードなチアダンス。

虫様筋の作用は第2~5指の関節の屈曲です。

まさに飛んだり跳ねたりのチアダンスでもっとも動かす部分。
おそらく炎症を起こしたのでしょう。

例えばこのことをチアダンスの先生はご存じなのか??

いやそちらの専門家ではないですし、ダンスの先生として素晴らしくその分野でプロフェッショナルなので何の問題もありません。
むしろ現時点のご指導で大満足しております。

ではそこはどうカバーするのか??
だれがカバーするのか??

私は「そこ」をカバーできる場所を作って行きたいと思っています。

何十年前に学生時代を終えた我々の常識は、今や非常識であることは少なからずあると思ってます。

子供の勉強だけでなく、子供の運動神経を上げてあげるのも親の責任ではないでしょうか?


こちらは次女の全力ダッシュ。なんか好きな写真なんです(笑)

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


もっと見る

R-1グランプリ2020と山登り

R-1グランプリ2020がものすごくかっこよかったですね!!

野田クリスタルさんおめでとうございます!!

マヂカルラブリーというかわいらしいコンビ名で、奇抜でそれでいてPOPなネタをするコンビのボケでもある野田さん。

たしか昔V6の番組『学校へ行こう』の「日本一おもしろい高校生」だったんですよね。

やはり突き抜けた才能を磨き上げると頂上にいけるんですね。

いいもの見ました!!

さて、わたしも一応「トレーナー芸人」として呼ばれたりしますので、芸人としてなにかしたいなーとは常に思っています。
というか芸人としてなにかしたいというより、そもそもトレーナー以前になりたかったものは芸人ですし、日々芸人として何かできないか??
とは考えています。

ピン芸人としてのR-1グランプリのようないわゆる賞レースで結果を出せるようなネタを作る自信は全くないのでその道はとうにあきらめましたし今回のR-1予選にも出ていませんが、
芸人が人類最強だとは常日頃思って生きていますし、芸人としての根底があるから私のお客様は根強く離れないし、口コミでどんどん広がってくださるのだと思っています。

さて、そんな芸人魂があってのことなのか?
わたしの周りには変な人がたくさん集まります(笑)

今回ご紹介するのは、
私が経営するパーソナルジムの会員様「ふじもん様」

『ストレッちぃ散歩~高尾山~』をいつもご協力いただいている同志でもあります。

そんなふじもん様が毎回パーソナルを受けてくださる際、前日に連絡があり
「あしたは〇〇対決をやりましょう!!」
とおっしゃります。

38歳のおっさんふじもん様が、35歳のおっさん山田BODYに○○対決を挑む構図が毎回パーソナルの前日のルーティン

もしご興味ある方いましたらどんな様子でおこなわれているかご覧ください👇(1年前)

そんな一般的に見たら謎の対決の流れから
「二人でギャグを強化しよう!!」

という流れに・・・

いやなんで!?

と思う方は動画をいろいろ見返してください。
ふじもん様の人となりがわかると思います(笑)

しかも、「せっかくなので人前で」と
高尾山の登山カップルの休憩中に話しかけさせてもらい決行。

・・・いや、ふじもんさんって素人でしょ??

と思うなかれ

人生、法に触れず道徳を破らなければある程度ぎりぎりを攻めたほうがおもしろいと私は思っています。
(この考え方は人それぞれ)

R-1グランプリという賞レースで戦うのが無理であると判断した私が選んだ道は

トレーナーとして極めながら自分なりに描いた山の頂上を目指しつつ、こういった一見バカげた無駄なことを全力でやるという道です。

さて、そんなギャグ対決以外にもさまざまなことをおこなってきました今回の高尾山登山。
(またゆっくりとこちらに書いてゆきますね!!)

前回の記事にも同じようなニュアンスのことを書かせていただいたのですが、ものすごく感じたのは、足をかばって歩いている登山客が多いということ。

片方の足がつらくなる原因としてやはり、「利き足」に頼ってしまう日常生活からくるということが考えられます。

どちらか一方に体重がほんのすこ~しだけかかる日々が続くとそりゃもちろん数日後にはどちらかに傾きます。

でも、それはほぼ皆さま共通していることです。

そこのケアとしてお尻歩きで骨盤を安定させてみたり、体幹トレーニングで腹横筋を安定させることで前後左右の骨盤のズレを改善させます。

一度ご自身でセルフチェックしてみてください。

最近は新型コロナウイルスの影響で外出を控えておられる方が多いので、運動不足により体重の増減も気になってきている方も多いのでは??

そういった方が、「ちょっと散歩がてらに~」とスーパーに出かけて2、3歩歩いたときに感じる

「あれ??こちらの膝に違和感が・・・」

これが変形性膝関節症の始まりである可能性は高いです。

変形性膝関節症は肥満により半月板損傷や、
高齢で蓄積された重みによる間接変形などによって起こります。

女性に多く男女比は1:4と言われています。

主に水がたまったり痛みが生じます。

これは体重にたいする筋肉量の少なさ、柔軟性がかなり関係していますので、コロナ問題で外出を控える今こそトレーニング・筋トレをお家でできる範囲で結構ですので行っていただければと思っています。

わたし山田BODYも
自分なりの山をゆっくり登っていこうと思います。

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


もっと見る