ストレスは人生のスパイス~いいストレス・わるいストレス

夏も終わりつつありますね!

最近は緊張感のある現場でのトレーナー業が多く疲労感がすごいです。

しかし、この疲労感は心地いいストレスなんです。

できることなら一生感じ続けたい。


パーソナルボクレッチも通常通り稼働中♪
体験30分3500円
体験してみる

ストレス

医学的には
「何らかの刺激が身体に加えられた結果、身体が示したゆがみや変調」
と説明されます。

その原因となる刺激のことを「ストレッサー」
といいます。

ストレッサーは、大きく分けると次の4つがあります

物理的ストレッサー:高温や低温、騒音や振動などの刺激
化学的ストレッサー:排気ガス、酸素欠乏、薬害、栄養不足など
生物的ストレッサー:細菌やウイルスの感染、睡眠不足など
心理社会的ストレッサー:人間関係、職場・学校環境、結婚、離婚など


座学中の山田BODY
山田BODY質問メール

このうち、いわゆる「ストレス」として悩まされるもののほとんどは、心理社会的ストレッサーです。

心理社会的ストレッサーでも、今現在の苦しみが、その後の目標や夢などにつながれば良いストレスといえます。

一方、過労や人間関係の悪化、不安などで自分の身体や心が苦しくなったり、やる気をなくしたりすることがあれば、それは悪いストレスとなります。

同じストレッサーでも、受け止める人によって、良いストレスにも悪いストレスにもなります。例えば仕事である目標が設定されたとき、それを自分を伸ばすための「励み」として受けとめれば良いストレスになり、やらなければ仕方ないノルマ、つまり「重荷」とみれば悪いストレスとなって心身を苦しめることになるのです。

ストレスは生きるためのスパイス

ストレスとは、私たちの身体が外からの、あるいは内側からの刺激に対して起こす反応です。

このような外的・内的環境変化に適応していくことが生きることであり、ストレス反応は「生きる」ということと同義語ともいえます。


ストレスに効くアロマご用意してます♪
山田BODYツイッター

ストレス学説の提唱者、ハンス・セリエ博士は「ストレスは人生のスパイス」、「ストレスの欠如は死である」と言っています。良いストレスも悪いストレスも、生きていく上で避けて通れないものです。ならば、丸ごと受け止めて乗り越えていきたいものです。

また明日!!

健康寿命延びました


なんとボクシングブログランキングが300以上の中で3位!!
皆様のおかげです!

こういった動画もアップしております!

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

あ、メールで相談だけでもいいですよ!!
ご相談はコチラ

LINE@始めました!!
更新情報をいち早く
友だち追加

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です