さよならストレス!揚げ物ばかり食べて痩せる方法

最近は、TVを付けると会見の様子ばかり・・・

芸人さんのストレスで痩せこけた姿はあんまり見たくないですね。
【ストレスと老化に関する過去記事👉コチラ

わたしが所属させていただいている松竹芸能は
「どうぞ好きにやってください」
と言った具合に私がおこなってる事業は個人の仕事としてさせてもらってます。
特に大きなサポートはしてもらえませんが、事務所を通してお仕事のオファーを少しずつですがいただけてますし、感謝してます。

やはり、芸人は好き放題生きたいですよね。

ひたすらおバカなことやってもいいですし、ひたすら何かに特化したことを貫いてもいいですし、とにかく
ある程度制限がある中での「自由」
が芸人であることの幸せ。
それを見る方々の幸せなのだと思います。

さて、今回はそんな「制限」に関するダイエット法を。

ケトン体ってご存知ですか?

ウィキペディアだと異常に難しいので、簡単にご説明すると、
ケトン体は、からだの中で脂肪が変化して作られる物質で、エネルギー源として利用されています。
健康な人の血液中にもケトン体は存在しますが、その量は多くありません。(しかし、糖尿病の人でインスリンの作用が不足していると、糖分からエネルギーを作れないため、替わりに脂肪が利用される比率が増え、その分、ケトン体も多く発生します。)

そこで本日ご紹介するのはケトン食ダイエット

いわゆる高脂質・低糖質を徹底した食事を指します。
高脂質と聞くと、
「逆に太るのでは?」
思われるかもしれませんが、それは古い考え方です。



高脂質・低糖質の食事をしていると、体へのエネルギー供給源が変わります。ブドウ糖ではなく、脂肪を分解しエネルギーを作り出すようになるのです!

私たちの身体はブドウ糖をエネルギー源として活動しています。
ブドウ糖が不足すると代わりに体内に蓄積されていた脂肪が燃焼されます。

このとき生成される脂肪の燃えカスが「ケトン体」で、おもに肝臓で作られます。

ケトン体は、アセトン、アセト酢酸、β‐ヒドロキシ酪酸の総称で、血管から細胞に送られてエネルギーを産生します。血液中のケトン体の濃度が通常よりも上昇した状態を「ケトーシス」といいます。

では早速

ケトン食ダイエットのやり方



スポンサードリンク

山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

まずは1日の炭水化物などの糖質の摂取量を50g以下にします(ご飯であれば茶碗一杯分程度、ただ糖質はいろいろな食材に含まれていますので注意が必要)。

その代わりに脂質については特に制限を設けずにたっぷりめに摂取可能(ただし、脂質はその種類や質にこだわることも重要)。

1)糖質を制限(1食20g以下)
2)タンパク質をしっかり摂る(1食約100g、豆腐なら一丁、ステーキなら一枚)
3)食物繊維・ミネラルをたっぷり摂る(1食 タンパク質と同量)
4)オメガ3脂肪酸を小さじ1杯以上/1日
魚介類を中心に、さまざまな食材を摂る必要があります。

糖質が少ない分、ある程度エネルギー源を摂取しなくてはなりません。
揚げ物や炒め物なども取り入れる方が良いです。

タンパク質の重要性

タンパク質はカラダをつくる重要な役割があるため、エネルギーとして使われることはあまりありません。ケトジェニックダイエットでエネルギーになるのは主に脂質です。ただし、糖新生のために筋肉のアミノ酸が消費されるので、体内のタンパク質を維持するために、ケトジェニックダイエット中はタンパク質を多めに摂取することが大切。タンパク質の摂取量が足りないと、カラダは筋肉中のタンパク質を使おうとするためるです。

注意
ニンジンやカボチャなどの根菜類は意外と糖質が含まれていますので注意が必要。フルーツに関しては多くの糖分を含んでいるのでNG。

ギー・バター以外の乳製品はラクトース(乳糖)を含むので、ケトン食ダイエットには不向き

ケトーシス体質のメリット

・ダイエット効果
・空腹を感じにくくなる
・頭がさえ、眠気がなくなる
・肌荒れ防止になる

ケートシスのデメリット

・ケトン臭(獣臭さ)
・イライラや脱力感が起こる
・筋力が落ちる
・炭水化物が増えると元の体質に戻る

ケトン体ダイエットを行ったグループの体重、体脂肪率、BMI (体格指数)、ヘモグロビンA1c (血糖値測定テスト)、 ケトン (体がエネルギーを作るために脂肪を燃やすプロセスの産物) に “著しい” 変化が 見られた。何もしていない時に体が消費するエネルギーの割合を示す安静時代謝率に関しては、通常の食生活を送った人々に比べて10倍以上という結果になった。

次回は『調理方法で栄養が変わる』について書きますね!

健康寿命延びました



RIZINオフィシャル!!👆

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

あ、メールで相談だけでもいいですよ!!
ご相談はコチラ


あなたは「おにいさん?」「おじさん?」それとも「おじいさん?」カンタン体力測定ぜひ!!

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です