運動前はストレッチしない方がいいって本当!?

右ストレートとゴルフのスウィング

結局のところ身体を捻転させることでモノを飛ばしたり、打撃をおこなうスポーツは動きの順序や意識するポイントが同じであったりします。

ストレッチする理由であったり、ストレッチをする必要性はどこにあるかというと、やはり

一般の人ができていない部分をストレッチをおこない伸ばし、可動域を上げることで、驚くほどのパフォーマンスの変化が待っているということがわかる

ということが大きいと思います。

今現在、スポーツをやっていて
「おれはストレッチしない方が本番うまくできるんだ!」

という方が稀にいますが、そんなことあり得ないです。

ただ、静的ストレッチを本番前にがっつりやってしまうと副交感神経が優位にたち、正直瞬発力が衰えてしまうのも事実です。



スポンサードリンク

そうではなく、ちゃんとした監督だったりコーチや専門家の元おこなう動的ストレッチからの本番は可動域が上がり、

本来の力以上のものが出せるに決まっております。

おっと、前置きが長くなりました!!
まず

どうすれば、右ストレート(右利きの選手として)が強く打てるか?

なのですが、右足のつま先から入り太もも内転筋、股関節、腸腰筋、臀部、腰の捻転からの腹斜筋、前鋸筋、肩甲骨

へと伝わり、ようやく腕が動き出します。

これはどの捻転系競技でも同じことが言えますが、体幹から捻ることを忘れないでください!!


腕から回している方はこれ以上の成長は臨めません!!

そういう方は、スコアが浮き沈み激しくなってしまいます。



スポンサードリンク

私はゴルフ未経験ですが、ゴルファーの方を診させていただく(過去に、何百人と施術しております)ときはテイクバックで胸椎・腰椎の捻転がスムーズに行くための広背筋、胸筋などの柔軟性をつけるため時間をかけます。

さらに下半身がその上半身をしっかり支える(捻転についていくため)ため、腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)のストレッチ・臀部・大腿筋膜張筋をしっかり伸ばします。

そして腕から出ないよう、ご自身でイメージしてもらいます。

ボクシングもゴルフ、その他の捻転系スポーツすべてに言えることですが、上半身から出てしまう方で考えられる原因は

⓵下半身の柔軟性がないから

⓶下半身の筋力がないから

⓷スウィングに自信がないから

といった理由があります。

例えば、ボクシングでパンチ力がつかない。

ゴルフのスウィングがうまくいかない

など、捻転に関するお悩みある方(それ以外も可)

ぜひともご相談ください。

意外と簡単にパワーというのは付くものです。

それは筋トレではありません。

元世界チャンピオン「神の左」山中慎介選手、まったく筋肉なんかありませんよね?

どの順番に筋肉を動かすか??

どんな競技をやっている方でも気軽にご相談ください♪

山田BODY

私のパーソナルトレーニングにご興味ある方、まずは体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeほぼ毎日更新中♪

応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

順番ダイエットブログ



スポンサードリンク



ゴルフのテイクバック、可動域を上げる方法

ゴルフはテイクバックから

テイクバック・・・振りかぶる動作ですね。

先に言っておきますがわたくし、ゴルフはまったくやったことがありません。
 
ただスイングするに当たっての筋肉の使い方はお任せ下さい。

※しっかりとYOU TUBEでプロゴルファー古閑美保選手のレッスン動画などを何度も繰り返し見た上で、私の中でのゴルフに関する理論は出来上がっております。



スポンサードリンク

その上で、ゴルファーのお客様がストレッチを受けに来られ
「柔軟性が欲しい!!」
「パフォーマンスアップをしたい!!」
という時などに指導というまでも行きませんが、一言筋肉の専門家としてアドバイスさせていただいてます。

今日、来られたお客様は今日がご来店初めてで
「とにかく柔軟性を!!」

ということでした。

ご希望されたのは60分コース。

この方の体つき(だいぶ体格の良い方でした)からして全身は間に合わない。

そう判断した私は、今日来られた1番の目的を改めて尋ねました。

すると、先ほどはとは違う答え。

「来月からゴルフを再開するので~」



スポンサードリンク

なるほど!!
では今日はゴルフのフォーム改善に特化したストレッチをおこなってみましょう!!

と目的を絞った。

そうすることで、お客様の中で「物足りなかったなぁ・・」という気持ちにさせない。

ちなみに
「物足りない」と「もう少し欲しい」
全く別物

毎回お客様に感じさせないといけないのは、どんなにお客様が疲れていようが
「もう少し欲しい」
という欲する気持ち

逆に絶対に感じさせてはいけないのは
「物足りないなー」
という残念な感情



スポンサードリンク

なので私はお客様にまずゴルフのスウィングをジェスチャーでおこなってもらいました。

・・・お客様ご本人がおっしゃる通り、ガチガチでした。

ガチガチ、具体的にどこがガチガチなのか??

⓵フォロースルーの際、右臀部が硬い+広背筋・腹斜筋・肩甲骨の硬さ

⓶そもそもテイクバックの際、右足の腸腰筋が縮んだ状態でかたまってしまっているためテイクバックの可動域が狭い

こんな風に・・・いわゆる「詰まる」っていう状態ですね。

なので今回はこの2点に絞りました。

このお客様、上半身の柔軟性はなかなかありました。

以前、野球をずっとやられていたのもあって筋力も相当なモノなんです。

ただ、そういう方ほど気を付けないといけないのが

上半身のパワーに頼ってしまうこと

柔道で言う

「柔よく剛を制す」

上半身だけのパワースウィングよりも、全身をつかったしなやかスウィングの方が飛距離出ますからね。

そして何よりケガしづらい。

ゴルフだけに関わらず、ボクシングはもちろん、各スポーツに合わせた筋肉アプローチ。

例えばスポーツ以外、ウォーキング、立ち姿勢、骨盤矯正など

すべて、お客様の求めるものに合わせてアドバイスさせていただきます。

スマホで撮影し、画像を観ながらお客様が求める『モデル』へと一緒に近づけて行きますので腑に落ちやすいと思います。

ぜひご連絡ください♪

体質改善にご興味ある方、まずは体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODY-

YouTubeほぼ毎日更新中♪

寒い朝のゴルフ前にも最適♪動的ストレッチ


一緒にやってみてください♪

応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

順番ダイエットブログ



スポンサードリンク