正月に多い事故は「餅つまらせ」と「ギックリ腰」

良いお正月を迎えられましたか??

新年早々、お客様から
「ぎっくり腰になった」
とご連絡が・・・

寒いと体を動かさなくなる傾向があるので、血液の循環が悪くなる。
そのため筋肉がかたまり、末梢神経が圧迫されるので腰の痛みが出やすい。
ふだんのちょっとした動作がきっかけでギックリ腰になると、激痛で動けなくなることも・・・

ぎっくり腰(急性腰痛)

ギックリ腰を起こすきっかけとなる動作はいたってシンプル

●朝、洗顔しようとして前かがみになったとき
●物を取ろうとして体をひねったとき
●床に落ちた物を拾おうとして腰を曲げたとき
●重い荷物を持ち上げようとしたとき
●高いところの物を取ろうとして背伸びをしたとき
●くしゃみや咳をしたとき   など

ギックリ腰を起こしたときの対処法の例

●痛みのない姿勢を見つける(横になれるのであれば寝る)
●横になれないのであれば、壁などにもたれて立つか、ひざを曲げて座る
●2日ほどは安静にして過ごす
●痛む部位は、アイスパックなどで10分ほど冷やす
●痛みが落ち着いたら、無理のない程度に動く(回復が早まる)





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

というのが一般的に言われていること

この「無理のないように動く」
という所が勘違いされがちで、腰を自由に動かしてもOKということではないです!!

なぜ今回、腰に負担がかかりこのようなことになったのか??
ということを分析して、原因を改善し、再発を防止するために動かすのです。

ここを間違えないようにしましょう!!

今回、ギックリ腰になってしまった私のお客様も普段週1ペースで診させてもらっているのですが、年末で一度お休みされました。

そんな中での今回の結果・・・

大変悔しいです。

と、同時に予防の重要性を再確認させてもらいました。

ここからは切り替えて痛みを少しでもやわらげられるよう痛み改善ストレッチに励みます!!

Youtube始めました!チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


『正月太り』なんてものはない

新年あけましておめでとうございます!

私は「今年は〇〇する!!」

というのは特にありませんが、あえて言うなら

「苦手なことはしない」1年にしたいです。

つまり
「好きなことだけする」1年ということですね。

本年度もよろしくお願いします!!



スポンサードリンク

さて、私の話はこの辺にして・・・
お正月太りましたか?

そら太りますよね?
太って当然です。

逆に正月なのに太ってない方がいたら、人生楽しんでる??

と疑ってしまいます(笑)

ただ正月太りで終わらせて、また元の体型にリセットするか、そのままだらだら2月・3月に持ち込ませるかは今後の生活次第です。

簡単です。

食べる量を減らせばいいのです。

正直、諸説あるので断定はできないのですが、食べたものが脂肪に変わるまでは数日必要です。

なので、いまの時点で身体に入っているお正月のごちそうはまだ今の時点では

「入っているだけ」です



スポンサードリンク

これが脂肪にならないようにするために、食事制限(糖質・脂質を抑え、たんぱく質・食物繊維を豊富に取る)をし、運動をして代謝を上げていただきたいのです。

正月太りから、取り返しがつきづらくなる方の典型はお腹の横側の脂肪です。

我々の用語では「腹斜筋」というのですが

この腹斜筋がないと、いわゆるおやじのお腹ですね・・・

パンツに乗っかった不細工なお腹の出来上がりです。

この腹斜筋を鍛えておくことで、コルセットの役割を果たし、垂れ下がった内臓をもとの位置に戻し、さらに鍛え続けることでウエストにくびれを作ります。

そして基礎代謝の向上。

さらに骨盤の安定、姿勢改善など良いことだらけです。

腹斜筋の鍛え方は明日にでも動画を載せますね!
ぜひチェックしてください。

では改めまして、今年もよろしくお願いします!!

年明けは1/6(日)~
30分体験のご予約はこちら

ー山田BODY-

ブログランキング参加中!

応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

順番ダイエットブログ



スポンサードリンク