コロナ騒動で主観と俯瞰、ハッキリわかれる人間性

主観俯瞰

最近、俯瞰性についてよく考えることが増えたのですが、これはコロナが原因だと思います。

こういった騒動の際に自分には何ができるのか??
と考え、しばらく考え、結局全く答えが出ないまま毎回終わるのですが、周りのアーティスト(タレント・スタッフさん・スポーツ選手・歌手の方など)は次々と新しい案を発信し、ファンだけでなく、国を盛り上げようと動きます。

こういった様子をただぼーっと見ながら何もできてない自分。

動いたところで・・・

と影響力のなさに失望する自分がいたりします。

でも、この「人を動かす力」というのは、影響力とかそういう小さな言葉ではなく、この今の世界の現状を宇宙から見えてるか??

ということが最も大事なんだと思います。
というか最近思いました。

それは、いろんな方が行動を起こす姿をSNSなどで観ながら感じました。

自分目線だけで観てるか、大きい世界から観てるか・・・

もちろん後者が今の世の中には必要ですね。

例えば満員電車に今日久しぶりに乗ったのですが、まあみんな譲り合わない。

「これ今の日本めちゃくちゃやばい状態なのにまったくチームになってないやん」
と素直に思いました。

「こういう時こそ力を合わせて!」
って決してきれいごとではなく本当に周りのことを考えて。
というか自分はこの世の中の一(いち)人間であり、別に主人公でも何でもない。

1億3千万分の1でしかない。

そう考えた時に、
まず考えるべきが(あくまで私の持論です)
「この世の中に必要な存在か?」
「必要なら何が世の中の役に立ってる?」

とまで考えるようにしてます。

私は普段スタジオでは経済的に豊かな方たちを相手にいろいろなお話をさせていただき、出張ではTV局などへ出向き超一流と言われるタレントさんにストレッチをさせていただき、たまにTVに出させていただくときには超大御所のトークテクニックを目の当たりにし、いつも思うんです。

「それぞれが何かしらのトップやな」

と。

芸能界だけでなく、世の中は何かしらのトップが集まっているから面白いと思います。

その、トップは何でもよくて
「野球」や「格闘技」「リアクション芸」とかそういったわかりやすいものだけでなく、「通勤電車の30分を上手に使えるトップ」でも「旦那のことを愛す思いトップ」でも何でもいいと思うんです。
もちろん自己評価ですし、実際は本当にトップかどうか測るものなんてない。

要は、この世界に住む一人として意味がある生き方をしたいなぁと思ってます。
※その「意味」も自己評価です

そう思ったときにやはり、主観的に生きているとそれを実現するのは難しい。

例えばYouTuberは「自分の好きなことを仕事に」というコンセプトですが、「好き」を視聴者に伝え、どう視聴者が求めるものにしてゆくか?

が大切であると思います。

そういったときにやはり「好き」だけではいけない。

これが主観と俯瞰の差であると思います。

ふー・・・

最近はみなさんストレスで首が短くなってしまっている方が多いです。

これは肩甲挙筋(起始:頸椎1-4横突起 停止:肩甲骨上角・内縁上部1/3)が収縮してしまっています。

こうなると、巻き肩→肺の圧迫→呼吸の浅さにつながります。

どうかゆっくりお休みください。

悩んだ時こそ、一度すべて放り投げてゆっくり休みましょう!

おやすみなさい~

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


もっと見る

「自信」はどうすれば身につくのか?

自信でテンションが変わる

これよく言われている話ですけど、結構これを大事にしていない人って多いですよね。

自信っていったいどういうものかというと、深い部分では
仕事であったり、スポーツ、趣味、恋愛の成功体験だと思うのですが、そういった時間をかけたものだけでなく

筋トレによって、テストステロンが分泌し、自分の肉体が変わっていくことで、ドーパミンセロトニンが分泌し精神的に浄化され、
異性にもモテ始める。

その結果どんどん自信がついていく。

こういった例の自信なら2か月本気で頑張れば手に入れることができます。

さらにもっというと、見た目を変えるだけでもいいと思うんです、

ヘアスタイルを変えるだけでも自信になります。

人気俳優〇〇〇〇と同じヘアスタイルになっただけでも自信がつきます。

そんな人気俳優と同じ美容院で切ればもっと自信になります。

つまり、自信なんてちょっと行動を変えれば一瞬でつけられるものだと思います。

私は超自信家でここまで育ってきました

これには理由があって、高校1年生の時に出会った憧れの先輩、日章学園(当時3年生)青野巴哉さんの影響です。

その青野さんに初めて出会ったのは我々のボクシング部が京都から遠征をし宮崎にスパーリングに行った時のこと。

わたしは青野さんのことを試合会場の客席からしか見たことがなかったのですが、当時他の高校生とは明らかに違う異彩を放った選手でした。

初めて試合を見た時の衝撃が35歳になった今でも忘れられません。

当時のアマチュアは山根明会長のバリバリの傘下で山根が指示したら、どんな試合も結果が変わります。
すべて山根が操作してました。

そんな時代に、私が観た青野さんの試合は高校3年生のインターハイ準決勝くらいだったと思います。

おそらく山根の指示で、あきらかに青野さんを負けさせようとしているレフェリーにいら立つ青野さん。

謎な反則を連続で取られ続け、とうとう減点1、続いて減点2!

会場も「?」マークから審判へのブーイングに代わる。

なぜならわけのわからない減点があと一つ入ると青野さんが山根明の思い通り反則負けになるからだ。

当時高校1年生の私はただぼーっとこの先の行方をドキドキしながら見ていました。

青野さんが不可解な減点2にされ、審判が「ボックス!」と叫んだ瞬間、私はとんでもないものを目の当たりにしました。

ささっと近づき、先ほどのように相手につかまれる間も与えず、ボディを打ち込む青野さん。

グローブの分厚いアマチュアボクシングでは見たことがないような倒れ方で膝から崩れ落ちる相手選手。

会場が爆発するかと思うくらいの大声援が響く(インターハイは決勝以外は2リングでおこなわれていたため、隣でも試合をしていたが誰も見ていなかった)

そこで普通の選手は静かに直立してレフェリーのカウントを聞かないといけないのだが、なんと青野さんは辰吉丈一郎さんのように相手選手を睨みつけながら腕をぐるぐると回し始めた。

再び盛り上がる会場。

相手選手がなんとか立ち上がり、再びレフェリーが「ボックス!」と叫ぶ。

青野さん、レフェリーに謎の反則など取らせる間もないほどのスピードで連打をまとめ、KO勝ち。

その姿はまぐれもなくスターでした。

そのまま青野さんはインターハイ優勝。

ちょっと興奮がよみがえり描写が長かったですが、そんな青野さんがKO取った直後の立ち姿がとにかくかっこよかったんです。

興奮してるはずなのに、すこしなで肩ということもあり、肩がすとんと落ちているのです。

重心が丹田にあるイメージ。

肩甲挙筋や僧帽筋の収縮の一切ない。

ただ、それでいてオーラがすごすぎて近寄れない感じ。

それなのに階級はフライ級だから51~2キロ。

観たことないけど、宮本武蔵みたいな人でした。

宮崎で初めてご挨拶をしたとき、緊張でなにも話せませんでした。
人って本当に好きすぎると言葉でないですよね(笑)

私はそんな青野さんをいつも頭に描きながら生活しているため、自然に自信がみなぎるんです。

要はドラえもんがいるおかげで威張るのび太くんみたいなもんです。

でも、それでいいんです。

自信なんてこれといった理由なんてなくていいと思います。

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


もっと見る

寝る子は育つ、寝れない大人は死が近づく

コロナウイルスの影響でこどもたちも学校お休み・・・

焦りますよね。

いやいや安部氏!
計画的な発言をよろしく!
と言いたいですよね。
今の世の中の状態に矛盾点が多いこと多いこと・・・

うちの子も、保育園は通常営業。小学校はお休みのため学童に長女は行っております。
つまり、急にあんなこといわれてもほとんどのおうちはただただ焦り、軽~く家計が苦しめられるだけ(重~く家計が苦しめられるお家も多々あることでしょう)

習い事はどうするの!?
となるのですが、相当な大手でない限りたいがいは
「うちは平常通りおこないますので、ご家庭の判断にまかせます」
といった乱暴な決断になります。

そりゃそうです。
みんな生きるために働いているのです。

自営業の人間は会社からの補助なんてないため個人事業レベルの習い事の先生は
「コロナウイルスの影響により~」
なんて言わないでしょう。

コンサートやらイベントもそうですが、一人ひとりが納得するルールになるのは難しいですね・・・

当ジムは幸いパーソナルでおこなっており、定額制ではなく都度払いですのでそのあたりの面倒さはございません。


日曜は家族で優雅にバドミントン(笑)

さて、最近は特にこういったストレスも相まってか、肩が挙上したサラリーマン(その他)の方が多くみられます。
もちろん寒さもありますし、デスクワークの影響もあります。あとは咳だったり花粉症によるくしゃみ、鼻をかむ際の筋肉の緊張であったりと・・・

こういった肩の挙上がおこってしまうと問題なのが、なにか作業をする際に巻き肩になってしまうんですよね。

巻き肩は前回も書きましたが、問題点は多く二次災害につながります。

どういったものがあるかといいますと、例えば巻き肩により肺が圧迫されてしまいます。

よって呼吸が浅くなる。

そうなると、眠りが浅くなる。

ひいては眠りの浅さから寿命が縮まることに・・・

睡眠が少ないことで寿命が2.4倍の確率で縮まるというデータも出ています。

「おれ巻き肩でさ~」

とのんきに言ってる場合ではないです。

普段から姿勢の意識をしておかないと寿命が縮んでしまいます。

寿命とまではいかなくとも健康寿命は確実に縮みます!

いま日本で言われている平均寿命は、0歳児の平均余命のことを言います。

つまり若いうちに亡くなってしまった場合も含まれます。

よって、例えば現在60歳くらいの男性は90歳まで生きる確率が5割。女性は95歳まで生きる確率が5割ともいわれています。

ということは今健康寿命が平均男性で72歳くらい。女性で74歳くらいといわれています。

つまり、このままいくと寝たきり生活が20年続くという計算になります。

食事や運動はもちろん。

ストレッチすることで健康寿命が20年延びると私は長年言っているのですが、それぞれの危機感が変わらないとなにも変わらず、ただただ寝たきりの期間が延びていくのみです・・・

さぁ、どうします??

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

参考

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる


石原さとみの首の作り方


自転車で転びたくない方必見

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


もっと見る