野球選手の定番なケガを経験してしまいました

恥ずかしいケガ

トレーナーとしてものすごく恥ずかしい怪我をしてしまいました・・・

私最近、草野球をちょくちょくやっていたのですが、早朝のひんやりとした中
ついつい早いこと
キャッチボールがしたい!
打ちたい!
試合がしたい!

と準備体操、いわゆる動的ストレッチがおろそかになり(野球は必須!!)
右(右投げです)ローテーターカフの棘下筋を痛めてしまいました・・・

いわゆる腱板損傷です。

原因としましては、寝起きで硬くなっている棘下筋をボールを投げる際、まず振りかぶるときに収縮(肩関節を外旋)させ、スルーする際に内旋させます。

内旋させるときに棘下筋が伸びるわけですがこのときに、ストレッチが足りなかったため急に筋肉が引っ張られ傷がいってしまったということです。

野球選手はこれにならないよう気を付けているわけですね。

本当にお恥ずかしい・・・

今後、こんなことがないように!!

そしてご覧になってくださっている方のお役に立ちますように・・・



スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

棘下筋ストレッチ

※ゆっくーり10秒2セット

そしてストレッチの次に大事なのは急な負荷に耐える筋力
チューブトレーニング




※ゆーっくり息を吐きながら20回ずつ

『一週一善』というYoutube番組始めました!チャンネル登録を👇

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

あ、メールで相談だけでもいいですよ!!
ご相談はコチラ

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』



佐々木希・石原さとみ・深田恭子・・・なりたい顔の女性は背中も美しい♪

私は女性のお客様にストレッチをする際、1番気をつけることは、柔軟性や痛みの改善もそうなのですが、「美しい姿勢」に1番気を使ってます。

これは私の好みですが、背中が美しい女性って観ていてキュンとしません?

ここで言う「背中が美しい」は肩甲骨が開いてる状態です。

「肩甲骨はがし」

って聞いたことあります?

名前だけ聞くと少々グロい感じがするのですが、要は肩甲骨周りの菱形筋をほぐし肩甲骨を開くストレッチです。

これをすることにより、血流がよくなり代謝が上がり痩せやすくなります。

そして何より、背中が引っ張られる姿勢になり、見た目が美しくなります。

この美しい姿勢をキープするためには胸の筋肉のストレッチや肩甲骨のインナー、ローテーターカフのトレーニングなど必要なことがあるのですが、今回はとりあえず肩甲骨はがしのことを書かせていただきました。

1人では難しいのですが、お一人でできる肩甲骨の運動の動画を載せておきますね♪

【30秒動画】肩甲骨はがしタオルストレッチ

さぁ動きましょう!肩甲骨はがしが美しさの第一歩

 

【動画】ボクレッチ初級編

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

肩甲骨を開いて美しい背中をゲット♪

肩甲骨の可動域の上げ方はさまざまですが、こういったストレッチもあります。

おこなったことがある方多いと思いますが、一般的にこのストレッチは三角筋を伸ばします。

ただ、少し角度を変えることでこうして肩甲骨周りの菱形筋を伸ばすことができます。

あらためまして、肩甲骨をしっかり開いた状態でパンチを打つと・・・

 

すると、菱形筋(肩甲骨周りの筋肉)ストレッチ


臀部から腰にかけてのストレッチになりウエストのシェイプアップにもつながります。

とにかく、美しい背中を手に入れたいならまずは肩甲骨を開きましょうね!!

【動画】ボクレッチ初級編

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

「肩甲骨はがし」はなぜ痩せるか?

 

肩甲骨をはがすと痩せる

 

肩甲骨をはがす→
肩甲骨の可動域が上がる→
パンチに体重が乗る→
体が伸びる→
血流がよくなる→
痩せやすい身体

という流れになります!!

まずタオルで上下に引っ張って肩甲骨周りの筋肉、菱形筋をほぐしましょう。

ご自身で肩甲骨が掴めるようになったら「肩甲骨がはがれた状態」です。

肩甲骨の可動域があがると・・・

最後の「もうひと入れ」
が入りますので全く違ったパンチになります♪

これが出来てくると全身運動になり、結果先ほど書いた通りお身体のシェイプアップにも効果的です。

例えば
「痩せたい!」
という気持ちでトレーニングジムに行き、いくら運動をして汗をかいても柔軟性が付いてないと、血流が悪いままなので、その瞬間は体重が落ちたとしても基礎代謝が上げれていないので、再び体重は戻ります。

お身体の筋肉を柔らかくして血流を全身に流し、体温をしっかり保たないと
いくら運動しても痩せない身体のままです。

つまり、運動する人もしない人も柔軟性はなくてはならないものですね!!

【動画】ボクレッチ初級編

 

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ