甘党だからと甘いものばかり食べることの是非

甘いものはお好きですか??

外出自粛による体重増量。
現在、ダイエット中で控えているという方も多いのではないでしょうか?

わたしは無類の甘党なのですが、最近は自宅にいることも少し増えたのでいつも以上にパクパク食べてしまいます。

さらに私は甘いものでは太らない身体に作られているので(理由はわかりません)

とにかく加減なしに食べます。

ちなみに、人にはそれぞれ「どういった食べ物が太りやすくて、どういった食べ物なら太らないか」というのがあると思っています。

その原因は人種?性別?血液型?
いまだに謎ですが、私は基礎代謝がとにかくすさまじいので高カロリーと言われているものを食べても太りません。

でも
「さすがに食べすぎたなぁ」

というときは風呂上がりに筋トレをして、睡眠時間を遅くすることでしっかり消化させてから寝ます。

むしろ、寝るころには若干空腹感すら感じている状態です(笑)
ボクサー時代から作られたルーティンですので私のやり方はマネしようとしても難しいのでオススメしません。

そんな体質なため、食べたいものをバクバク食べるのですが、油・砂糖などの摂りすぎなのかアトピーがひどいんです。

皮膚科で処方していただいている薬を全身に塗っているため、周囲の人から私がアトピーであることはあまり気づかれないのですが、冬場は特にひどいです。

専門家は「食事療法で治る」と言いますね。

やはり内面からなのでしょうね。

そうだとわかっているのですがつい食べてしまう・・・

ただ、たまに考えるんです。

「生きるために生きているのか?」

これ重い感じの言葉でしょ??(笑)

実はこれ、わたしがよく自分に問いただす言葉なんですが、人間は何か変わろうとする瞬間に脳内で一旦ストップがかかります。

脳内の現状維持機能が働くんですよね。
(「ホメオタシス」と呼ばれています)

「まあええがな。今のお前で」

と、そこで99%の人は

「ま、今日はとりあえず寝よ」

と眠ってしまい、翌日にはまたいつも通りの何も変わることがない自分として毎日が始まる。

こういう人は「変わろう!」としている自分に満足して結局何も変わらないし、変わらないことが自分だと思っている人。

99%の人ですね。

私は「99人がやらないことをやれば残りの1人になれる」というのが座右の銘です。

「寿命で死ぬギリギリまで元気にいたい!」

というのはトレーナーとしてお客様にそうなっていただくよう精一杯行うのですが、それをメインで生きすぎて、
「いかに健康的に、無難に生きるか?」
となりすぎることは避けないといけません。

せっかく生まれてこさせてもらったんですから自分の人生を楽しみたいのはもちろん、関わってくださった方全員に
「こいつのおかげで楽しめたなぁ」
と思ってもらえるような人生にしたいです。

話が反れまくってますが、要は私は「砂糖を控えて一生過ごしたらアトピー治る」と言われても、
うーん、甘いものが好きやしなぁ・・・

となります。

楽しいこと我慢して長生きしてもなぁ~

なんて思ってしまいます。

ただその一方で、本当に好きなこと。本当に人のためになる人間になるためには早死にしてる場合じゃないなとも思います。

若干話が支離滅裂していますが、
まとめると大切なのは

●目標設定
●変わることを恐れない
●目の前の欲に負けない

となり、だらだらと書きましたが
甘いものを控えようという結論に至りました。

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


もっと見る

おいしいものは脂肪と糖でできている「老けメシ」紹介!!

老ける食べ物

と言われるものがあります。

酸化と糖化

というのを聞いたことあるでしょうか??

簡単にいうと
酸化・・・人が空気を吸う⇒酸素を体内の栄養素と結び付けエネルギーを生み出す。
が、しかし!!



スポンサードリンク

食品添加物の中には肝臓で分解出来ず、体内に蓄積されて活性酸素の発生源になるものもある

この活性酸素が、身体をこうせいするタンパク質や脂質、大事な遺伝情報などをつたえるDNAなどを容赦なく傷つける。

つまり、サビるんです

サビるって聞くとゾッとしますよね。

例えば、雨に濡れた後の自転車の鉄の部分、ああいった状態です。

汚くて臭い。
例えば、傘なんてサビがすすむと捨てますよね?


そう、捨てられるのです・・・

旦那さんから?奥様から?

それは想像してみてください。

肌は荒れ、弾力性がなくなり、髪の毛はかつての輝きを失い、目は死に、息は切れ、誰からも相手にされなくなるかも?

それは避けたい!!

そんな恐ろしい活性酸素と戦う抗酸化のための食材がこちら!!



スポンサードリンク

ビタミンCの多く入った野菜
⇒パプリカ・パセリ・ブロッコリーなど

ビタミンCの多く入った果物
⇒キウイ・イチゴ・柑橘系

ポリフェノール
⇒プルーン・リンゴ・赤ワイン・コーヒー・緑茶・紅茶など

ミネラル
⇒海藻・魚介類など

カロテノイド
⇒色の濃い野菜・フルーツ

がいいといわれています!!

ぜひ老けないカラダのため、意識してみてください!!日々の行動にも抗酸化の効果があります。

紫外線を防ぐ!!

ストレスをためない!!

運動は軽めに!!

お酒はほどほどに!!

タバコは吸わない!!
※タバコ1本で1日当たり発生する活性酸素の10万倍を体内に生み出すとか!!&ビタミンの破壊も・・・



スポンサードリンク

続いて
糖化・・・血液中の余分な糖分がタンパク質や脂質と結びついて老化促進物質であるAGEを作る。

この

AGE

が恐ろしいのです。

AGEは糖化最終生成物と呼ばれ、体内にたまると老化が進みます。

以前、CMで
「おいしいものは脂肪と糖でできている」
なんて言われていましたが、全くその通り。

パスタ・ステーキ・ピザ・カレーなど・・・

おいしい!!
とあなたが幸せそうな顔をするたび、お顔のシワが一つ二つと増えていくのです。



スポンサードリンク

要はシンプルな調理法で作られた和の食材にこだわって食事をしていけば、酸化・糖化ともに最小限に抑えられるのではないでしょうか?

若いころ、好き放題やってる人は将来結局ツケが回ってくるのです。

世の中、プラマイゼロです。

そうは言っても付き合いが・・・

という方は、休日私のパーソナルジムに来てください。
体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODY-

YouTubeほぼ毎日更新中♪
【NEW】

常連のHさんからの驚きの提案・・・


メディアで取り上げられています!!

応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

順番ダイエットブログ



スポンサードリンク