R-1グランプリ2020と山登り

R-1グランプリ2020がものすごくかっこよかったですね!!

野田クリスタルさんおめでとうございます!!

マヂカルラブリーというかわいらしいコンビ名で、奇抜でそれでいてPOPなネタをするコンビのボケでもある野田さん。

たしか昔V6の番組『学校へ行こう』の「日本一おもしろい高校生」だったんですよね。

やはり突き抜けた才能を磨き上げると頂上にいけるんですね。

いいもの見ました!!

さて、わたしも一応「トレーナー芸人」として呼ばれたりしますので、芸人としてなにかしたいなーとは常に思っています。
というか芸人としてなにかしたいというより、そもそもトレーナー以前になりたかったものは芸人ですし、日々芸人として何かできないか??
とは考えています。

ピン芸人としてのR-1グランプリのようないわゆる賞レースで結果を出せるようなネタを作る自信は全くないのでその道はとうにあきらめましたし今回のR-1予選にも出ていませんが、
芸人が人類最強だとは常日頃思って生きていますし、芸人としての根底があるから私のお客様は根強く離れないし、口コミでどんどん広がってくださるのだと思っています。

さて、そんな芸人魂があってのことなのか?
わたしの周りには変な人がたくさん集まります(笑)

今回ご紹介するのは、
私が経営するパーソナルジムの会員様「ふじもん様」

『ストレッちぃ散歩~高尾山~』をいつもご協力いただいている同志でもあります。

そんなふじもん様が毎回パーソナルを受けてくださる際、前日に連絡があり
「あしたは〇〇対決をやりましょう!!」
とおっしゃります。

38歳のおっさんふじもん様が、35歳のおっさん山田BODYに○○対決を挑む構図が毎回パーソナルの前日のルーティン

もしご興味ある方いましたらどんな様子でおこなわれているかご覧ください👇(1年前)

そんな一般的に見たら謎の対決の流れから
「二人でギャグを強化しよう!!」

という流れに・・・

いやなんで!?

と思う方は動画をいろいろ見返してください。
ふじもん様の人となりがわかると思います(笑)

しかも、「せっかくなので人前で」と
高尾山の登山カップルの休憩中に話しかけさせてもらい決行。

・・・いや、ふじもんさんって素人でしょ??

と思うなかれ

人生、法に触れず道徳を破らなければある程度ぎりぎりを攻めたほうがおもしろいと私は思っています。
(この考え方は人それぞれ)

R-1グランプリという賞レースで戦うのが無理であると判断した私が選んだ道は

トレーナーとして極めながら自分なりに描いた山の頂上を目指しつつ、こういった一見バカげた無駄なことを全力でやるという道です。

さて、そんなギャグ対決以外にもさまざまなことをおこなってきました今回の高尾山登山。
(またゆっくりとこちらに書いてゆきますね!!)

前回の記事にも同じようなニュアンスのことを書かせていただいたのですが、ものすごく感じたのは、足をかばって歩いている登山客が多いということ。

片方の足がつらくなる原因としてやはり、「利き足」に頼ってしまう日常生活からくるということが考えられます。

どちらか一方に体重がほんのすこ~しだけかかる日々が続くとそりゃもちろん数日後にはどちらかに傾きます。

でも、それはほぼ皆さま共通していることです。

そこのケアとしてお尻歩きで骨盤を安定させてみたり、体幹トレーニングで腹横筋を安定させることで前後左右の骨盤のズレを改善させます。

一度ご自身でセルフチェックしてみてください。

最近は新型コロナウイルスの影響で外出を控えておられる方が多いので、運動不足により体重の増減も気になってきている方も多いのでは??

そういった方が、「ちょっと散歩がてらに~」とスーパーに出かけて2、3歩歩いたときに感じる

「あれ??こちらの膝に違和感が・・・」

これが変形性膝関節症の始まりである可能性は高いです。

変形性膝関節症は肥満により半月板損傷や、
高齢で蓄積された重みによる間接変形などによって起こります。

女性に多く男女比は1:4と言われています。

主に水がたまったり痛みが生じます。

これは体重にたいする筋肉量の少なさ、柔軟性がかなり関係していますので、コロナ問題で外出を控える今こそトレーニング・筋トレをお家でできる範囲で結構ですので行っていただければと思っています。

わたし山田BODYも
自分なりの山をゆっくり登っていこうと思います。

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


もっと見る

マスク転売が必ずしも悪なのか考える

相変わらずコロナで荒れる日本

マスク転売議員まで現れる始末・・・

飲食店は大打撃であちこちの店舗で閑古鳥が鳴く始末。

そんな中、今朝パーソナルに向かうため吉祥寺スタジオに向かい歩いているとあるラーメン屋の前に大行列が・・・

え?
確かにいつも人気やけど普段ここまで行列はできてないよな??

というほどの行列。

こういうことか。

こういったコロナウイルスのような騒動があった際に、
「飲食店にはいかない」
と決断するのは消費者にとって超容易なことですが、
こういった騒動のときに

「いま行けばいつもみたいに混んでないかもしれない!!」

とマスクを装着しながら開店時間にあしを運びたくなる店こそ本物

というか「本物」と思わせるブランドを確立していると言えますね。

私は横目で見ながらなんとなく悔しい気持ちというか、

「そうやんな・・・」

と自分の中で開き直ろうとしていたことがよみがえってきたのです。

私のパーソナルのお客様はたくさんいる中で、ただの一人も

「コロナの影響でキャンセルさせてください」

という方がいなかったのです。

それどころか
「こういうときこそ山田さんのストレッチを受けて免疫力をあげないとね」

とまで言ってくださるほど。

その言葉がうれしくて、改めて自分のやってきたこと、日々重ねる地道な勉強が意味のあることだったんだと
胸をなでおろしていました。

ところが一昨日、初めてお客様から
「コロナの影響でキャンセルさせてください」

と連絡が・・・

とうとう来た。

職種もあるから、人それぞれ事情があるだろうが
とうとう来たそのメールがものすごくショックでした。

「こんなときこそ山田さんの元へ!」

と思われるよう精進いたします。


ウイルス対策は万全で平常営業!!


出歩けない今こそストレッチで免疫力アップ

さて、本日はパーソナルの会員様と高尾山に登ってきました。

詳しくは、また書きますしYOU TUBEにアップしますが、なんかすごくいい時間でした。

そしてそこで感じたのが、怪我しながら(足に危惧を装着している人や、杖を突いているご老人など)も登山を楽しもうとしている人の多さ。

なんか、「はっ」としました。

「怪我してるからやらない~」
「太ってるからやらない~」
「外出できないから仕方ない~」

ではなく、怪我をしてしまったこの体でどう楽しもうか??

怪我をした状態で登った頂上からの景色は健常者が観る景色より美しく感じるかもしれません。

さまざまな登山客を見ていろいろなことを感じさせてもらいました。

定期的におこなっている『ストレッちぃ散歩』もおこないました。


素敵なご夫婦でした!!

そこで出会ったたくさんの方から貴重なお話を聞くことができました。

「国がこう決めたから」

なんていう理由で貴重な毎日が破壊されるほどもったいないことはありません。

今できる1番楽しいことをしましょう!!

そういった考え方で私は生活しているのですが、一つ決めていることがあってそれは
「太らない」
ということ。

ボクサーであったこともあり体重増減に対する嫌悪感、拒否反応というものだけでなく、単純に太ってしまうといろんなものに制限がかかってしまうんです。

例えば運動しようとしてもすぐ膝に水がたまったり(変形性膝関節症)しますよね。

女性は特に多いのですが、さらに年齢を重ねると寛骨臼形成不全など
筋肉量の少なさ、または体重のかけ方による負担から起こる疾患に襲われます。

体重の重さであったり、柔軟性不足であったり、運動不足なんかの理由で体の動きを制限されたくないですよね。

なので私は肥満にならぬよう注意を払い生活しております。

ちなみにこれは私の勝手な考えであり肥満=悪とはいっさい思ってませんのであしからず。

勝手な考えついでに・・・

わたしはいま
食事、腹7分目でチョコを食べ食事を終了する「チョコダイエット」と
「葛根湯ダイエット」と言いましてシンプルに朝・昼・晩食後に体調関係なく葛根湯を飲むというダイエットをおこなっています。

これを以前、SNSに書いたところわざわざお客様から葛根湯ダイエットへのご指摘
「医学的に解明されていない事実を書かないでください」

というメッセージが来ました。

ん?そうなの?

これは「医学的に解明されてないの?」ではなく「書いてはいけないの?」
という疑問。

・・・これについてはまだ自分の中で答えが出ておりません。

合法の中での自由な表現」

をおこなうのがアーティストだと思って生活していますのでその辺のセンサーが鈍っている分、そういったご指摘は大変助かるのですが、答えが出ずに

「一旦山登りでもして考えよう」
という今日みたいな日が必要なんです。

とは言いつつ、答えなんて出ませんでした。

最後に、タイトルに関しての私なりの答えですが・・・
薬局に徹夜してマスクを手に入れた貧乏人が、1億円かけてでもマスクを欲しい富豪に転売するのはアリじゃないですかね?

上記の例は極端な例えですが、
結局だれしも需要と供給で、買う人と売る人の関係で成り立っていると思います。

ちょうど寛骨臼と大腿骨頭のような関係性で

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


もっと見る