花粉症を防ぐウラ技書きます

花粉症の方にとって、マスクが手放せないシーズンがやってきました

わたしは小学校から花粉症なので「この時期は当たり前のもの」と感じてしまっています。

しかし、それではいけない!!
花粉症というものを知らないと!!
ボクシングも同じ。
相手を知ってこそ勝利がある。

はい、本題です

そもそも、花粉症とは何なのでしょうか?

花粉症とは、スギなどの花粉(抗原)が原因となって鼻水やかゆみなどのアレルギー反応を起こす過剰な免疫反応のことです。

では、免疫とはいったい何?

私たちの体は、体内に細菌などの異物が侵入してきた際に体を守る働きを備えていて、その働きのことを免疫力といいます。この免疫力を主に支えているのが白血球です。白血球の働きは、自律神経と深く関係しています。

自律神経とは、名前の通り、自律して働く神経のこと。
つまり、自分の意思とは無関係に内臓や器官の機能を調整するのが自律神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、互いに相反する作用を持ち、体を統御しています。

交感神経は、「昼の神経」と呼ばれるように、起きているとき・活発な活動をしているときときに働く神経です。
心拍数を上げる、血圧を上げる、消化管の働きを抑えるなど体を活動的な状態にします。
また、緊張したり、興奮状態にあるときにも交感神経が優位になります。

ストレスがたまったり、過度な緊張が続き、交感神経が優位な状態が長く続くと、白血球の中の顆粒球が必要以上に増えて、体の中の大切な細胞まで壊してしまいます。
それによって、免疫の働きが悪くなり、体の免疫力は下がってしまいます。

つまり、交感神経が優位なときは、体の免疫力は下がります。





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

一方、副交感神経は、「夜の神経」と呼ばれるように、眠っているとき、リラックスしているとき、活動が少ないときに働く神経です。心拍数を下げる、血圧を下げる、胃液や唾液の分泌を高め、消化を促進するなど心身ともに休息にふさわしい状態をつくります。

副交感神経が優位なときは、体の免疫力は上がります。

しかし、副交感神経が優位な状態が長く続くと、白血球のなかのリンパ球が過剰に分泌されてしまいます。
そうなると免疫が過剰になってしまい、この過剰な反応がアレルギー症状の正体です。

「花粉症」などのアレルギー症状が過多に出るのは、「副交感神経が優位な状態」が続いていることが考えられます。

アレルギーの原因物質をなるべく排除するだけでなく、交感神経を優位に働かせながら、副交感神経とのバランスを保つことが、「花粉症」と上手くつきあうコツといえるでしょう。

以前書かせていただいた、交感神経を優位に立たせることで鼻詰まりを改善させるためのテクを書いた記事です
『鼻炎を止めるには脇をつかむって本当??』

過去記事にも書いているのですが、
結局は「呼吸」であると思うんです。

呼吸がスムーズ→血液の循環→体温安定→スッキリとした生活→交感神経(昼の神経)が優位な状態に!!

という流れ

ま、人それぞれなのですが私はアロマ(ローズマリーがおすすめ【交感神経】)によく頼ってます


じつは資格保持してます

著者
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


鼻炎を止めるには脇をつかむって本当??

私、山田BODYは重度の慢性鼻炎です。

耳鼻科や、市販の鼻炎スプレーでなんとかごまかしやってきましたがさすがにこの年で鼻をズルズルいわす日々が恥ずかしい・・・

なんて思いはじめた最近気づいたんです。

鼻の調子がいいときも口呼吸していないか??

そうなんです!
寝ているときはもちろん。
普段から口呼吸をしていることに気づいたんです。

これは、学生時代ボクシング部の走り込みがきつすぎて口を馬鹿みたいに大きく開けて走ってた時の名残です。
間違いないです・・・

でも、なんで鼻のトラブルなのになぜ「口」が影響してくるのか。

それは、異物を体にスルーさせてしまうからです!!

・・・怖いですよね??





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

通常、鼻から息を吸い込むと、鼻毛や鼻の粘膜が、花粉・ホコリなどを絡め取りブロックします。

しかし口で呼吸をすると、空気が「扁桃」を直撃することになります。

「扁桃」とは

外からの病原体を防ぐ、のどの粘膜に発達したリンパ組織のこと。

口呼吸で空気が扁桃を直撃すると、扁桃部分は乾燥してダメージを受けます。
そして花粉やホコリなどの異物をブロックするはずの組織がばい菌のたまり場になってしまうのです。

ここでたまったばい菌は、白血球に感染します。ばい菌を抱えた白血球が、血液の流れにのって体中をかけめぐり、細胞の働きを狂わせます。

それは「鼻」の細胞にも言えます。 
鼻炎や花粉症などのアレルギー症状は、このような「毒された白血球」が原因だという説もあります。

毒された白血球を異物と勘違いして炎症をおこすのです。 

ここまで読んで
「自分は関係ないや!」
と思った方も寝ている間はほぼ無意識です!

自然に口呼吸をしている可能性が大いにあります!!

人間の顔で最も存在感がある「鼻」にもう少し頼ってみましょう。




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

そして続いては「姿勢」です

これも口呼吸と同じでほぼ無意識のときに注意するべきことです。

私もそうなのですが・・・多くの人がパソコンやスマホをのぞき込むとき、背中を丸め、首を前に突きだした姿勢になっています。 
ご自身がスマホゲームに夢中になっている姿、一度鏡でご覧になって下さい。

猫背・巻き肩・胸郭出口症候群などは、内臓を圧迫し、ご自身の胃腸を押さえ込みます。

また胃腸の働きが衰えれば、血流が悪くなり、体が冷える。




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

鼻炎と血行不良はものすごく関連していますからね!!
湯船に浸かっていて鼻詰まりがつらい人はあんまりいませんよね。

あとは裏技ですが・・・

片方の脇の下を圧迫すると、逆側の交感神経が刺激されて、一時的に鼻づまりが改善すると考えられます!
(右鼻が詰まる場合は左脇)
これは交感神経幹が脇下に通っているからです。

山田BODY宛てメールはコチラ🥊

こちらのHPではとことん解剖学にこだわってほぼ毎晩書いています。

引き続きよろしくお願いいたします!!

Youtube始めました!(毎週火曜20時更新)チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』