寝る子は育つ、寝れない大人は死が近づく

コロナウイルスの影響でこどもたちも学校お休み・・・

焦りますよね。

いやいや安部氏!
計画的な発言をよろしく!
と言いたいですよね。
今の世の中の状態に矛盾点が多いこと多いこと・・・

うちの子も、保育園は通常営業。小学校はお休みのため学童に長女は行っております。
つまり、急にあんなこといわれてもほとんどのおうちはただただ焦り、軽~く家計が苦しめられるだけ(重~く家計が苦しめられるお家も多々あることでしょう)

習い事はどうするの!?
となるのですが、相当な大手でない限りたいがいは
「うちは平常通りおこないますので、ご家庭の判断にまかせます」
といった乱暴な決断になります。

そりゃそうです。
みんな生きるために働いているのです。

自営業の人間は会社からの補助なんてないため個人事業レベルの習い事の先生は
「コロナウイルスの影響により~」
なんて言わないでしょう。

コンサートやらイベントもそうですが、一人ひとりが納得するルールになるのは難しいですね・・・

当ジムは幸いパーソナルでおこなっており、定額制ではなく都度払いですのでそのあたりの面倒さはございません。


日曜は家族で優雅にバドミントン(笑)

さて、最近は特にこういったストレスも相まってか、肩が挙上したサラリーマン(その他)の方が多くみられます。
もちろん寒さもありますし、デスクワークの影響もあります。あとは咳だったり花粉症によるくしゃみ、鼻をかむ際の筋肉の緊張であったりと・・・

こういった肩の挙上がおこってしまうと問題なのが、なにか作業をする際に巻き肩になってしまうんですよね。

巻き肩は前回も書きましたが、問題点は多く二次災害につながります。

どういったものがあるかといいますと、例えば巻き肩により肺が圧迫されてしまいます。

よって呼吸が浅くなる。

そうなると、眠りが浅くなる。

ひいては眠りの浅さから寿命が縮まることに・・・

睡眠が少ないことで寿命が2.4倍の確率で縮まるというデータも出ています。

「おれ巻き肩でさ~」

とのんきに言ってる場合ではないです。

普段から姿勢の意識をしておかないと寿命が縮んでしまいます。

寿命とまではいかなくとも健康寿命は確実に縮みます!

いま日本で言われている平均寿命は、0歳児の平均余命のことを言います。

つまり若いうちに亡くなってしまった場合も含まれます。

よって、例えば現在60歳くらいの男性は90歳まで生きる確率が5割。女性は95歳まで生きる確率が5割ともいわれています。

ということは今健康寿命が平均男性で72歳くらい。女性で74歳くらいといわれています。

つまり、このままいくと寝たきり生活が20年続くという計算になります。

食事や運動はもちろん。

ストレッチすることで健康寿命が20年延びると私は長年言っているのですが、それぞれの危機感が変わらないとなにも変わらず、ただただ寝たきりの期間が延びていくのみです・・・

さぁ、どうします??

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

参考

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる


石原さとみの首の作り方


自転車で転びたくない方必見

YouTubeやってます!!👇
山田BODYチャンネル

Twitterやってます!!👇
山田BODYのTwitter

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』


続きを読む 寝る子は育つ、寝れない大人は死が近づく

ナメたらあかん!ぎっくり腰

よくお客様が
「ぎっくり腰なっちゃってー」
と来られます。

ものすごく簡単におっしゃることが多いのですが
ぎっくり腰とは急性腰痛症とよばれるもので、急に腰部に激痛がはしる症状のことです

ふとした瞬間や、急な動作、重い荷物を持とうとしたとき、体をひねったときなどにその場にうずくまらなければいけないほどの激痛が走ると言われています。

わたしはいまだに経験したことがないのですが、
欧米ではその病態から「魔女の一撃」と呼ばれているそうです・・・

椎間板ヘルニアや腰椎椎間関節捻挫と呼ばれる症状で起こる場合もあるとされるものの、多くは原因が分からず、 やはり非特異的腰痛症と呼ばれることがあります。

なので、ぎっくり腰はけっして軽いものではなく

症状=ぎっくり腰(急に腰が痛くなった状態)
病名=ヘルニア(椎間板内の髄核が飛び出し神経を圧迫しておこる傷害)





スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』
山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

ぎっくり腰の原因は、
重い物を持った、急に体を捻ったときなどに一部の筋肉にかかる負荷により起こることが多いと言われています。

当ブログによく書かせていただきますが、やはり上半身・下半身の連動が鍵をにぎります。
急性腰痛症を避けるためにも、臀部から腰にかけての柔軟性は常に保つよう心がけましょう。

ちなみに・・・
急性腰痛症の場合にはRICE処置をお勧めします!!
R=REST(安静)
I=ICING(冷却)
C=COMPRESSION(圧迫)
E=ELEVATION(挙上)

※PRICES処置ではこれにProtect(保護)とStabilization(安定・固定)が加わります。

Youtube始めました!チャンネル登録を👇


👆こちらはtwitter

パーソナルトレーニング体験30分3500円から
体験してみる

ー山田BODYー

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサードリンク
山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』